トップページ  >  アダム・オンドラ いよいよヨセミテへ向かう 「学校が終わり。そして今、ドーン・ウォールが僕を呼んでいる」(1)

アダム・オンドラ いよいよヨセミテへ向かう 「学校が終わり。そして今、ドーン・ウォールが僕を呼んでいる」(1)


ブラックダイヤモンド社のスポーツ親善大使アダム・オンドラは、彼のクライミング履歴書に重要な要素が欠落していることを認めた。「まだヨセミテで登ったことがないのが、少し恥ずかしいのですよ」と、彼は言う。しかしそれももうすぐ変わることだろう。今回アダムは、ヨセミテ渓谷への道すがらソルトレイクシティにあるブラックダイヤモンド本社に立ち寄り、ヨセミテでのプランについて一部始終を話してくれた。

2016年10月13日 Black Diamond Equipment, Ltd. より 訳=羽鎌田学

201610_elcap
 
エル・キャピタン(英:El Capitan) 写真=杉野保

 

――ついにヨセミテに向かっているのですが、なぜ今なのですか?
もちろん長年ヨセミテ行きを考え続けてきたのですが、今、やっとその時が来たのです。ここ3年間大学で勉強していたのですが、ヨセミテのベストシーズンである10月と11月はどうしても講義を欠席するわけにはいかなかった。でもやっと大学のコースも終了し、無事に企業経営学の学士号も取得することができたので、ついに自由の身になれたのです。ですから、今やっとヨセミテに行くことができるのです。

>>ヨセミテ渓谷でどのくらい過ごすつもりですか?


注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ