トップページ  > フリーオピニオン一覧  >  ボルダリングジャパンカップ2015全課題解説(1)

ボルダリングジャパンカップ2015全課題解説(1)


今回のキョーリン製薬グループ協賛で開催されたボルダリングジャパンカップ2015の課題は難度、内容、見栄え、どれをとってもほんとうに素晴らしいものだった。後世のためにこれを記録しておくことは、大いに意味があると思い筆を取った。ボリュームの関係でセミファイナルとファイナルに限らせてもらう。(解説=小澤信太 写真=山本浩明)

kadai_semi01

kadai_title01kadai_title02

lady01_s1 lady01_s2 lady01_s3

写真①:女子第一課題 スタートポジション
写真②:女子第一課題 出だしのランジ
写真③:女子第一課題 クリンプの続く上部

まるで大木が絡み合うかのようなホールドへのダイノが目を引く課題。上部では非常にかかりの悪いクリンプが連続的に配置され、手順に悩む選手も多く見られた。終了点ホールドも威圧感があり、向きも悪かったため、終了点タッチでフォールした選手も数人いた。手数こそ少ないが、そこにはセッターが込めた隠し味がしっかりといきていた。

 

kadai_title03kadai_title04

lady02_s1 lady01_s2

写真①:女子第二課題 出だし
写真②:女子第二課題 中間部


垂壁でのコーディネーション能力が試される課題。フットホールドがとても大きく、そのフットホールドに乗り込むことで先のハリボテに届くように見えるが、女子のリーチでは微妙に届かない位置にハリボテが設置されていて、勢いよくランジをしないと進むことができない。ボーナスホールドから終了点への一連は岩場の要素が非常に強く、テクニカルな要素とパワーの双方が必要であった。

>>完登者ゼロ、ボーナスホールド保持者ゼロ、セミファイナル女子第三課題へ

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ