トップページ  > クローズアップ > トレーニング一覧  >  ムーブ・体力的ともに基礎ができているがグレードが上らない人へ「保持力向上法」

ムーブ・体力的ともに基礎ができているがグレードが上らない人へ「保持力向上法」


クライミングのレベルアップにおいて必要不可欠なのがホールドを持つ力、つまり「保持力」。ここでは、保持力をこっそり向上させるのに有効な練習法を紹介する。少し登り方を変えるだけで、トレーニング効果抜群だ!

*この記事は『CLIMBINGjoy No.10』掲載記事をもとにしています。

保持力の必要性とトレーニングについて

クライミングをしていて、あるムーブができない、あるいはうまくいかない、確実性がないなどの最大の理由は、保持力の不足だろう。ガバホールドならできるムーブが、スローパーや小さなカチ、ポケットホールドだとできないのは、そのホールドを保持する力が足りない証拠。だから重心の移動がうまくいかず、次の手を出すときにバランスが崩れて落ちてしまうのだ(クラック・クライミングのジャミング技術は別として)。

クライミングでは常に、次の一手を取るための体勢づくり(準備)が最も大切。デッドポイントなどの不確実なムーブも含め、すべてが準備の連続だ。この、次の一手のための準備を意識して練習しよう。

保持力が十分にあると重心移動がスムーズに行なえる。つまり保持力を向上させれば、ひじを伸ばしての動作も、完全に引き付けて、ひじをロックしてホールドの真下に重心を移動することも、楽に、しかも“美しく”無駄なくできるようになるのだ。

ここで伝えたいのは、これから紹介する登り方(練習法)は必ずしもオーソドックスではないということ。あえて負荷のかかる登り方を自分に課すことで、保持力の強化を狙う方法だと理解してほしい。

保持力を身につける練習をして「美しく」登ることを意識しよう。個々のムーブを「美しく」表現できるようになると「強さ」にもつながっていくはずだ。そしてムーブに対して美しさを意識し、体のブレをなくすこだわりをもって練習しよう。ひとつひとつのムーブの美しい「点」が流れる美しい「線」となり、やがて結果につながることを信じて。

カチ持ちで一度登った課題を、再度オープンハンドで登ってみよう。課題の印象とグレードがかなり異なって感じられるはず。

オープンハンドで登るトレーニングをするときにおすすめなのは、ポケットホールドを使うこと。ポケットを持つと必然的に2~4本指のオープンハンドになるので、保持力強化にはもってこいだ。ただし指を痛めやすいので気をつけて!スローパーホールドも指を立てず、指の腹のフリクションで保持する感覚でトライすること。ガバホールドでも3本指で保持すると、かなりきつい。

あとは次の一手を取る際に、出す(動かす)ほうの手でホールドを止めるだけでなく、残す(体を引き付ける)ほうの手でホールドを止めることも意識しよう。これが、あなたの保持力をより強化する。

オープンハンドが強くなると、逆にカチ持ちしたときにすごく楽に。岩場の課題やコンペなど、トレーニングではなく“本番”では自由にホールディングしてかまわない。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ