トップページ  > これからはじめる方へ  >  ホールドの持ち方・足の置き方を知ろう(2)

ホールドの持ち方・足の置き方を知ろう(2)


足の置き方

 

クライミングは、足の置き方ひとつで、まったく違う動きができるので、基本のフットワークをマスターすることも重要。このような動きを試してみると、きっとクライミングシューズの機能性が実感できるでしょう。

 

足裏全体や土踏まずでホールドにベッタリと足を置くのはNG。これでは小さなホールドに乗ることができず、動きも限られてしまう。

 

aboutgym_03t07

小さいホールドにも乗れる基本の置き方。つま先の内側部分をホールドに掛ける。親指の付け根に力を入れるように意識して。

 

aboutgym_03t08

つま先の外側、つまり小指側をホールドに掛ける。横移動(トラバース)するときや斜め上に登るときに使うが、インサイドに比べて安定度は低い。

 

aboutgym_03t09

つま先部分をホールドに掛け、踏み込むイメージ。大きめのホールでないと使えない。

 

aboutgym_03t10

大きく、滑りやすいホールドに使う。足の前半分をホールドにこすりつけるように置き、摩擦力を利用して登る。しっかり体重がかかっていないと滑ってしまうので、慣れが必要かも。

 

aboutgym_03t11

シューズのかかと部分をホールドに掛ける。掛けた足のつま先を向こう側へ倒すようにしながら、足に体重をかけていく。

 

aboutgym_03t12

左ページの「アンダー」と同じようなイメージで、足の甲をホールドの下に引っ掛ける。足首を曲げ、指先を自分の体のほうへ引く感じで。

 

 

垂直壁 vs 傾斜壁

aboutgym_0330
ジムにはさまざまな傾斜の壁があります。イメージでは、傾斜のない(垂直の)壁のほうがやさしく、傾斜のきつい(かぶっている)壁のほうが難しそうですが、実は一概にそうともいえません。
 
垂直の壁はホールドが小さかったり、テクニカルな動きを強いられたりする課題が多く、難しいものもあります。
 
一方、かぶっている壁は意外に手の掛かりやすいホールドがあったりして、ちょっとしたコツをつかめば登れてしまう課題も。壁の傾斜によって登り方が違うので、さまざまな課題を試してみるといいでしょう。


注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ