トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  小川山

小川山

現地最新情報

「小川山」と言っても、当の小川山は廻り目平からはるかに離れた主脈上のピークである。現在登られているエリアを考えると「廻り目平周辺の岩場」とか「金峰山川西股沢」などの名称が正確と思われる。しかし小川山という名称はいまやクライマーに完璧に定着しており、これを変更するのはナンセンスであろう。

小川山の岩場は小さな岩峰の集合体であり、その全ての位置関係を把握するのはなかなか難しい。砦岩に行こうと思っていたら屋根岩に着いてしまったとか、おむすび山を水晶スラブだと思いこんで、1日登っていたパーティもいたという。そんなこともあり、かなり詳細なアプローチ図を付けた。

指導標が欲しいという声も良く聞くが、人気エリアの登山道からの分岐にはほとんどケルンが積まれているし、そこから先はすでにクライミングの一部とも考えられる。失敗を繰り返しながら全体像を把握していくのも楽しみのひとつと考えていただきたい。

この岩場の特徴

  • 初心者・中級者OK
  • ボルダリング
  • リード(ボルト)
  • リード(クラック)
  • マルチピッチ
  • トップロープ限定あり
地域 甲信越 エリア 長野県
区域 奥秩父
100岩場N0. 43
シーズン 5月~10月
岩質 花崗岩 傾斜 60~90度
ルート数 約700本
駐車場GPS -
場所 長野県南佐久郡川上村
アクセス 中央道須玉ICより国道141号を清里方面へ。野辺山で(JR最高地点より約2.5キロ)川上村方面へ右折。すぐに踏切を渡り4キロほどでふたたび踏切。ここより2キロほどの下り坂の途中を右折(川上駅方面には行かず秩父、信州峠方面へ。その後は川上村役場方面を目指す)。道なりに走りスーパー・ナナーズの場所で旧道に合流し右折。ここより8キロほどの地点(看板にいろいろ書いてあるが、「廻り目平キャンプ場」とある)をさらに右折する。川端下の集落を経て廻り目平キャンプ場へ。入口のゲート前に車を止め、駐車券を取ればゲートが開く。須玉ICより1時間半。
佐久方面からは141号を南下。海ノ口を過ぎ、カーブの多い急坂を登り切り、レストラン141の先のT字路を「千曲川源流川上郷」方面に左折。埼玉方面からは秩父市、大滝村経由で中津川林道を走れば高速代がかからず距離も近い。ただし1時間強、ダートを走らなければならない。また大雨中後には閉鎖されることがある。この場合志賀坂峠、ぶどう峠方面に迂回することになる。中津川林道経由の場合、走りっふ_りにもよるが埼玉の飯能あたりから、3時間半程度であろう。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
廻り目平キャンプ場は、水道、トイレ、シャワー完備。金峰山荘で風呂に入ることもできる。テントを張る場所は決まっていないので、自分で平らな場所を探す。9時消灯が原則なので、以降はランタンの明かりを落とし静かにすること。深夜到着の際は特に注意されたい。
その他 -
公衆トイレ
掲載書籍 伊豆・甲信

ユーザからの最新情報

minus
  1. 2015年7月22日 ひげたぬき

    屋根岩3峰の「メルトダウン・ダイレクト」について、日本100岩場に25mとの記載がありますが、実際には40mくらいあります。(70mロープでは地面まで降りられません) ご注意ください。 ルートの途中、ラインの左側にラペルステーションが設置されており、60mシングルロープでも2ピッチに分けて懸垂下降することができます。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ