トップページ  >  ニュース一覧  >  【PR】『ROCK&SNOW』074号、本日発売! 特集は「トラッドでいこう」「ギアベスト3」

【PR】『ROCK&SNOW』074号、本日発売! 特集は「トラッドでいこう」「ギアベスト3」

2016年12月6日

20161205_news_rs074_01 20161205_news_rs074_0620161205_news_rs074_05

定価=本体1333円+税

『ROCK&SNOW』074号(冬号)が12月6日(火)に発売となりました。

ユタ・キャニオンランズの”Witness the Wildeness 5.13a”を第4登するパメラ・シャンティ・パックの表紙が目印の本号。第一特集は、「トラッドでいこう!」です。アフリカの砂漠で、中国の山奥で、フランスの森で、イタリアの石灰岩で、由緒正しいスコットランドの岩峰で。世界の各地で行なわれているトラッドクライミングの最先端の記録を紹介しています。

 

20161205_news_rs074_02 20161205_news_rs074_10 20161205_news_rs074_03

もうひとつの特集は、久々の用具特集で「ベストギア3」。下記リストの通り、21つのアイテムについてギアエキスパート達が独断でベスト3を選び、解説しています。自分のために使うギアを「なんとなく」や「価格だけ(もちろん価格も大事な要素ですが)」で選んでいてはもったいない。現場で実際に使用しているからこその“うんちく”は、ためになるものばかり。ぜひ、お勧めしているアイテムをそのまま購入するのではなく、用具選びの目を養って、ご自身に必要な道具を揃えていってください。

中根穂高 / カラファテ
・シングルロープ ・ハーネス

木織隆生 / クライミングプロショップ クラックス
・ベーシックカラビナ ・安全環付きカラビナ ・ビレイデバイス[チューブ系] ・ビレイデバイス[アクティブロックアシスト機能付き] ・ビレイデバイス[パッシブロックアシスト機能付き]

佐藤信吾 / カモシカスポーツ山の店・横浜店
・クライミング用バックパック ・クライミング用ヘルメット ・ヘッドランプ ・アプローチチューズ

山崎岳彦 / ランナウト
・クライミングシューズ[上級者用] ・クライミングシューズ[入門用]

天野和明 / 山岳ガイド、ICI石井スポーツ登山学校校長
・アイスアックス ・クランポン

加藤隆章/ エッジ&ソファー
・クライミングパンツ ・クラッシュパッド ・チョーク

平松幸祐 / フラットボルダリング、IFSC公認国際ルートセッター
・クライミングホールド ・ボリューム(ハリボテ)  

 

20161205_news_rs074_05jpg 20161205_news_rs074_06jpg20161205_news_rs074_08jpg

そして、ぜひ多くの方に一読いただきたいのは、先日亡くなられたクライマー吉田和正氏への追悼記事です。生活のすべてをクライミングのために費やし、“困難の追求”に己のもてるもののすべてを捧げた。そんな吉田氏の姿勢はフリークライマーはもとより、多くのアルパインクライマーにも影響を与えてきました。こんな凄いクライマーがいたことを伝えたい。生前、吉田氏と実際に交流があったクライマー、影響を受けたきたクライマーから寄せられた文章と、吉田氏の発表されてきた登攀の全記録、さらには『岩と雪』134号に掲載されたマーズトライの手記などを、11ページにわたって紹介しています。

 

20161205_news_rs074_13 20161205_news_rs074_09jpg 20161205_news_rs074_11

また、韓国ソウル市で行なわれ、日本からは黒部ゴールデンピラー隊と「千日の瑠璃」を拓いた倉上慶大がそれぞれ受賞となった、第11回ピオレドールアジア、第9回ゴールデンクライミングシューズの詳細。日本人で初めてワールドカップ年間チャンピオンとなった楢崎智亜のロングインタビュー。冬号恒例、第二特集として「山岳滑降の現在形2016」、「アイス&ミックスクライミング最前線」。新連載としては、海外にへクライミングに行きたい時に役に立つ「地球の登り方」など、読み応えのある記事が満載です。

そして実は本号、「隠れワイド特集」となっております。挟まるのが好きな皆さま、タイトルにこそないものの、表紙を含めなんと8本の国内外ワイドクラックが紹介されています。こちらもお見逃しのないように。

今号も充実の内容でお届けしています。お手にとっていただけたら幸いです!

オンラインショップでのご購入はこちらから >>Amazon >>楽天ブックス

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ