トップページ  >  ニュース一覧  >  倉上慶大、”白髪鬼”のエクステンションに成功

倉上慶大、”白髪鬼”のエクステンションに成功

2017年4月18日

文=倉上慶大 写真=萩原 悟

4月16日に湯川で、”白髪鬼”のエクステンションとなるルートを登りました。 ルート名は “燈明(The Votive Light)5.13d/14a R”です。

スタイルはオールナチュラルプロテクションで、”白髪鬼”の終了点となるボルトアンカーはプロテクションとしても使用せず、カムとナッツのみで登ります。エクステンションの長さはプラス15mほどで、”白髪鬼”の細いクラックのラインに沿って壁の中央のクラックを辿り岩頭までトップアウト、最後は立木をアンカー点とします。

“燈明”の登攀では”白髪鬼”のボルトアンカーは使用しておらず、前半パートで”白髪鬼”をほぼ100%登っているのでボルトの存在意義に関して悩みましたがボルトはそのまま残すことにしました。

そもそも自分もリハーサルで使っていたのと、”白髪鬼”というルートを知るうちにそのボルトが打たれた経緯が妥協点としてのボルトでは無く、もともとの支点の風化や不安定性など踏まえたうえで打たれたものであるということを知ったからです。

また、”燈明”を登ったことで岩を登るラインの捉え方にも様々な視点があるということに気付けました。”白髪鬼”と”燈明”という2つのルートを区別することの意義はそこにあるわけですが、詳しく述べると長くなるのでいずれまた別の機会にしようと思います。

グラウンドアップ、ロープソロなど「より厳しく激しく」をモットーに色々なスタイルでこのルートと対話して、痛い目にもあったりしましたが最終的には納得できる形に落ち着けました。

このルートとのストーリーは、最終的にはロープソロではなくオールナチュプロでのトップアウトリード初登という形で決着しました。

結果、その登攀にあたって多くの人たちに助けていただききました。この場を借りてお礼申し上げます。

>>グレード比較表

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ