トップページ  >  ニュース一覧  >  国内最難か!? 北海道・神居岩にミックスの新ルート

国内最難か!? 北海道・神居岩にミックスの新ルート

2013年1月31日

奈良誠之が、北海道の神居古潭・神居岩のMIXエリアに新ラインを引いた。

以下は、奈良によるコメント。

既存の直上ライン9本を横につなぎ、更に奥にボルト2本と終了点を追加した約50mの左上トラバースルートです。
壁の高さが30mあるので、90mロープを使用しました。
既存課題はアイス・ワールドカップの年間チャンピオン、パク・ヒヨン(韓国)が再登。
彼の意見もふまえてグレードがつけれらていますが、今回のラインは既存ルートのどれよりも厳しく、このエリアの最難であることは間違いはありません。
私の知るこのジャンルの国内課題と比べても最も厳しいのではと思います。
しかし、M12とするには、まだ何か足りなさを感じ「M11+」としました。
壁を横に引き裂くラインどりから、課題名は「斬鉄剣」としました。
しかし実態は、これを登っている最中は他の課題を登れない、非常に迷惑なラインどりであり、人間関係すらも斬ってしまうかも知れません。
海外のMIXエリアを見ても、壁を横に使い高難度を作るのはよくあるパターンで、そしてそれはエリア開拓の末期を示してもいます。
カムイMIXでもこれ以上に難しいラインを引くことはできないかも知れません。
腕に覚えのあるアイス&ミックスクライマー、アルパインクライマー、強強のフリークライマーの皆様にぜひ登っていただけたらと思います。
インフォメーションですが、縦横50mのラインでヌンチャクの回収が非常に困難です。
私は完登後に50mクライムダウンしながら回収しました。
こっちのほうが厳しかったかも……。

(写真=奈良誠之)

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ