トップページ  >  ニュース一覧  >  ドイツのミチ・ホールベン、オーストリア・チロル地方のWettersteinでStirb langsam (M11+/WI6+/200m) を開拓・初登

ドイツのミチ・ホールベン、オーストリア・チロル地方のWettersteinでStirb langsam (M11+/WI6+/200m) を開拓・初登

2017年4月5日

ドイツのミチ・ホールベンが、オーストリアのチロル地方にあるWettersteinで”Stirb langsam (M11+/WI6+/200m)”をという新ルートを開拓した。

ミチは、2009年に同エリアの”Seebenseefall(WI6/150m)”の滝を登っており、そのとき左にも登れそうなラインが見えたため、すぐに岩のセクションにグラウンドアップでボルトを打ちトライを開始。

しかしながら、上部の氷の状態やミチ自身も怪我をしたりと、2013年にはエイド混じりで登ってはいたが、フリーでの完登には至っていなかった。今年になって、氷の状態が良くなったことが完登に繋がった。

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ