トップページ  >  ニュース一覧  >  アレックス・メゴス、チリ最難ルート・Pasito a Pasito (5.14d)を初登

アレックス・メゴス、チリ最難ルート・Pasito a Pasito (5.14d)を初登

2017年5月12日

ボルダーコンペのゲストとしてチリを訪れていた、ドイツのアレックス・メゴスが、バルデロ・コンドールの岩場で Pasito a Pasito (5.14d) というラインを、わずか2日で初登した。

アレックスは指のけがのために、4ヵ月ほどハードなクライミングからは遠ざかっていたが、徐々に調子を取り戻してきている。ルート名も「少しずつ」という意味でつけている。

南米では、昨年、ドイツのピルミン・バートルが Azul es el Cielo de Los Ciegos という 5.14d のラインをアルゼンチンに開拓・初登しており、今回のアレックスのルートが南米では 2本目の 5.14d となる。

>>グレード比較表

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ