トップページ  >  ニュース一覧  >  村井隆一、マジックウッドで2本の8C/V15に成功

村井隆一、マジックウッドで2本の8C/V15に成功

2017年7月5日

村井隆一が7月4日、スイス・マジックウッドのPractice of the Wild 8C/V15を登った。

トライは3日間。2004年クリス・シャーマ初登の課題で、フォンテーヌブローのThe Big Islandと並び最も多くの再登者をむかえている8C課題である。

その再登者はタイラー・ランドマン、ダニエル・ウッズ、アダム・オンドラ、カルロ・トラベルシ、ジミー・ウェッブ、ナーレ・フッカタイバル、アンソニー・グルステン、マーチン・ストラニク、竹内俊明、デイヴ・マックロード、ガブリエル・モロニ、バティスト・オメッツ(SUI)、ダーヴィト・フィルネンブルク(GER)。
村井は第15登と思われる。

さらに村井は2日に登ったRemembrance of Things Past V14のロースタートIn Search of Time Lost V15(ダニエル・ウッズ初登)にも5日に成功した。
こちらの再登は少なく小山田大、カルロ・トラベルシ、タマーシュ・ズパーン(HUN)、村井のみ。

「ついにIn search of time lost(8C)登れました。これは3日前に登ったRemembrance…(8B+)に3手(8Aくらい?)を追加するラインで、ムーブ自体は既に出来ていたのであとは岩のコンディションが整うのを待つ段階でした。
この日はルーフの抜け口まで一切染み出しがなく、最高のコンディションでした!
それでも抜け口の核心の薄いカチにかき込みながらデッドするムーブはかなりキツく、なぜ足が残っているのか自分でも分かりませんでした。
ルーフでのVXiは本当にヤバいです。また、パワーとエンデュランスの両方が求められるこの課題に対して塩原でのクライミングがかなり効いている実感がありました!

それから、テクニカルなヒールが何度も求められるIll Thrill(8B+)も登れました。ヒール好きな自分にとって以前から惹かれていた課題で、結晶に引っ掛ける感じのヒールはアナサジベルクロとの相性が最高でした。
これで今ツアーでのティックリストは全て登ることが出来ました。残りの3日間も楽しみたいと思います」

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ