トップページ  >  ニュース一覧  >  日本人はまたもや男女とも2,3位、ボルダリングワールドカップヴェイル大会

日本人はまたもや男女とも2,3位、ボルダリングワールドカップヴェイル大会

2017年6月11日

文=北山 真  写真=Eddie Fowke/thecircuitclimbing.com

6月9日、10日、アメリカ・ヴェイルにおいてボルダリングワールドカップ2017第5戦が行なわれた。

日本人男子は相変わらず好調で、参加10名中9名が予選通過。堀創、杉本怜がそれぞれのグループで1位という好スタートを切った。

そしてセミファイナルでは緒方良行が魅せた。ただ一人全完登という驚くべきパフォーマンスであった。堀は1アテンプトの差で惜しくも決勝を逃した。ファイナルは6名中4名が日本人という異様な雰囲気。しかもタイプの異なる4名だけに「誰かが優勝するだろう」と期待した人も多かっただろう。

ところがそれまで、予選グループ9位、セミファイナル2完登と、とても調子が良いとは思えなかった韓国のチョン・ジョンウォンが、ここ一番の強さを発揮する。みごとただ一人の4完登で優勝をさらい、年間ランキングも渡部桂太に肉薄する2位となった。

男子年間チャンピオンはまったく予想がつかない状況となった。今後1戦ごとに順位が入れ替わる可能性も大であろう。


みごと2位に入賞した楢崎明智、アレックス・プッチョと

日本人女子は4名が参加。野口啓代、野中生萌はもちろん、尾上彩、小武芽生も順当に予選を通過した。

セミファイナルでは誰も予想だにしなかったヤーニャ・ガーンブレッツがまさかの7位。その代わりというのも変だが、地元アレックス・プッチョが決勝に進み会場は大いに沸いた。

ヤーニャのいないファイナル。これは野口、野中にとって優勝のチャンスが倍になったといえるだろう。しかし3完登をめぐってのアテンプト勝負を制したのは、ショウナ・コクシー。この優勝で年間チャンピオンを大きくたぐり寄せた。

男子

1 チョン・ジョンウォン KOR
2 楢崎 明智
3 緒方 良行
4 アレクセイ・ルブツォフ RUS
5 藤井 快
6 渡部 桂太

女子

1 ショウナ・コクシー GBR
2 野口 啓代
3 野中 生萌
4 アレックス・プッチョ USA
5 カチャ・カデック SLO
6 ペトラ・クリンガー SUI

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ