トップページ  >  ニュース一覧  >  楢崎智亜が2位、リードワールドカップ第6戦ウージャン

楢崎智亜が2位、リードワールドカップ第6戦ウージャン

2017年10月9日

文=北山 真 写真=小澤信太

大詰めとなったリードワールドカップ2017。全8戦中の第6戦が10月7日、8日、中国・ウージャン(呉江)で開催された。日本からは男子7名、女子5名が参加した。

女子はあいかわらずヤーニャ・ガーンブレッツが強く、セミファイナル、ファイナルともにただ一人の完登で圧勝した。日本人は野口啓代のみがファイナルに出場、手堅く4位という好成績をあげた。

男子は今回の主役はステファーノ・ギソルフィ、セミファイナル1位、そしてファイナルを感動的な完登で締めくくった。

ファイナルをただ一人完登するステファーノ・ギソルフィ

日本人は楢崎智亜、是永敬一郎、緒方良行の3名がファイナルに出場。楢崎が4名のトップ選手が落ちたポイントを通過し、みごと銀メダルを手にした。

楢崎智亜

いよいよ2戦を残すのみとなり、気になるのは年間ランキングだが、女子はヤーニャ565と、2位ジャイン445の差が120ポイント、まだ決定はしていないが、今回の勝ちっぷりをみれば、ヤーニャに確定のランプが灯ったといえるかもしれない。
男子は1位ロマン440、2位ステファーノ335でその差は105ポイント。こちらは最終戦までもつれ込むであろう。

なおスピード予選で楢崎が7’85”の日本人歴代最高と思われるタイムを出したが、ファイナルにはおよばず30位であった。

リザルト

男子

1  ステファーノ・ギソルフィ(ITA)
2  楢崎智亜
3  キム・ハンウル(KOR)
4 ドメン・スコフィック(SLO)
5 ロマン・デグランジュ(FRA)
6 チョン・ジョンウォン(KOR)
7 緒方良行
8 是永敬一郎
――――
10 藤井 快
21 樋口純裕
26 野村真一郎
32 渡部桂太

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレッツ(SLO)
2 キム・ジャイン(KOR)
3 ジュリア・シャヌルディ(FRA)
4 野口啓代
5 モリー・トンプソン・スミス(GBR)
6 白石阿島(USA)
7 ジェシカ・ピルツ(AUT)
8 アナク・ヴェルホーヴェン(BEL)
――――
14 大田理裟
15 義村 萌
20 森脇ほの佳
21 小武芽生

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ