検索結果

"安間佐千" で検索した結果、の記事が見つかりました。

安間佐千が二子山西岳で2本の5.14c/8c+を初登した。 阿 5.14c/8c+ 9月4日初登。このルートは白壁フェースの左側の、墨壁と呼び始めた硯のような形状の岩壁の左カンテを登る。墨壁は西岳の大岩壁の中腹に位置するが、取り付きまで歩いてアプローチできる。全長約25メートルほどで、ルートの8割は垂壁で、5.13a…

https://www.climbing-net.com/news/ammasachi_200908/

2020年5月31日、安間佐千が二子山西岳・ピープウォールで平山ユージ初登のレコンキスタ(5.13d)をオンサイト、小山田大初登のピープショー(5.13c/d)を2撃した。 「ホームクラッグの一つとも言える二子山が埼玉県民に向けて公開され、週末は久しぶりに足を運びました。ただ自然の中にいるだけで感じる喜び。自然の中に在…

https://www.climbing-net.com/news/ammasachi_200601/

3月26日、安間佐千がスペイン・サンタリーニャのStoking the Fire(9b/5.15b)をレッドポイントした。クリス・シャーマ、アダム・オンドラ、ヤコブ・シューベルトに続く第4登。トライはのべ20日間。 安間にとってFight or Flight(2015年)、Soul Mate(2018年、初登)に続く3本…

https://www.climbing-net.com/news/stoking-the-fire_190329/

文=北山 真 写真=山本浩明 2月6日、日本開拓クライマー協会による第2回の開拓大賞の表彰式が、新宿PUMPクライミングアカデミーにおいて行われた。 大賞は、ディープウォーターソロ+ジャンプという新しいジャンルに挑戦した、北海道の奈良誠之、吉田貢ペア。アイス、ミックスクライミングでの精力的な活動も評価された。 特別…

https://www.climbing-net.com/news/kaitaku_190207/

1月3日、安間佐千が二子山西岳白壁フェイスの新たなプロジェクトを初登した。全長約25m、ボルトは終了点を入れて9本。 「昨年10月に昇(Sho-)5.15aを初登し、その隣にあるこのルートを11月に開拓し始めました。白壁フェイスの左のフェイスとカンテを登り、横から見ると終始スカイラインを登る美しいルートです。 非常に…

https://www.climbing-net.com/news/mare_190109/

世界のトップ選手でありながら、コンペの世界から世界の岩場へと活躍の場を移した安間佐千氏によるトークショー&クライミングセッションが、12月12日(水)にジャムセッション三鷹で開催される。 写真=Screengrab from Video by Andrea Cossu 当日は、これまでに安間氏が登ってきた…

https://www.climbing-net.com/news/ammasachi_181207/

文=安間佐千  写真=Screengrab from Video by Andrea Cossu 11月15日、今年の春から開拓し、トライを重ねていた二子山西岳の白壁フェイスにあるプロジェクトを約25日間のトライで完登した。ルート名は昇(Sho-)5.15aとした。 このプロジェクトは、今年の4月に二子山西岳の白…

https://www.climbing-net.com/news/ammasachi_181119/

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ