トップページ  >  [ショートインタビュー] マグナス・ミトボ / Magnus Midtbø (2)

[ショートインタビュー] マグナス・ミトボ / Magnus Midtbø (2)


magnas05

――得意なクライミングスタイルは?

傾斜がとても強くて力を要求されるようなスタイルが得意です。また、小さなホールドはあまり得意ではありません。

 

――どこの岩場で多く登っていますか?

スペイン北部のカタルーニャ地方の岩場をよく登ります。ヤコブ、アダム、クリス・シャーマなどもよく滞在していて、ノルウェーのオスロからバルセロナまで飛行機で3時間ちょっと、そこから2時間ほど車を走らせれば着くので、私にとってもすごく行きやすい場所です。

 

――いま、目標にしているルートは? 展望は?

同じプロジェクトに3年ほど費やしています。スペインのサンタリーニャにあるネアンデルタールと呼ばれるルートで、今年は良いコンディションで臨みたいです。クリス・シャーマが2009年に初登を成功させています。グレードは9bです。

 

――ノルウェーの岩場について教えてください。フラタンゲルケイブ(Flatanger Cave)が有名ですが、あなたも行きますか?

たまに行きます。フラタンゲルは夏が良い場所ですね。でも、オスロから車で11時間ほどかかるので、夏のコンペ中に登りにいくのは難しいです。なので、フラタンゲルまで行くよりもスペインに行くことが多いですね。

だけどフラタンゲルはルートも多くとても良い場所で、将来的には長い時間をかけてトライしてみたいと思っています。来年はコンペに集中したいからできませんが、その翌年くらいには……。

 

――フラタンゲルケイブ以外にも岩場はありますか?

まず、フラタンゲルケイブエリアには、他に7つの大きなケイブがあります。

もちろん、ボルダーもたくさんあって、ベルント・ツァンガールやフレッド・ニコルなどの有名なボルダラーも訪れています。同じエリアには120mのスポートルートがあります。

ただ、ノルウェーは日本と同じように物価が高くて、夏は蚊が多いのが難点でしょうか。ベストシーズンは4月~5月と10月~11月です。

 

――ノルウェーのクライマーについて教えてください。

強い登山家はたくさんいますが、コンペに出場するような強いフリークライマーはあまりいません。たまにヨーロッパで開催されるワールドカップに出場するクライマーはいますが、それほど強くはありませんね。

でも、12歳~14歳くらいの優秀なスポートクライマーはいます。ノルウェーのフリークライミングは発展中なのです。

 

――最後に強くなりたいと思っている日本のクライマーにメッセージをください。

日本にはたくさんの強いクライマーがいますよね。強くなりたければ、そういう人たちをよく見て、常に努力を怠らないことです。

magnas06

*2014年12月発売『ROCK&SNOW』066 でマグナス・ミトボ の詳細レポートを紹介しています。是非、あわせてご覧ください。



注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ