トップページ  > 外の岩場へ行ってみよう[アイテム選び] > ルートクライミングの持ち物リスト  >  ロープ【スターリングロープ】ヴェロシティー

ロープ【スターリングロープ】ヴェロシティー


一般的に入手できるクライミング用ロープの長さは30m~70mの幅があり、日本の岩場であれば50mか60mで足ります。50mにするか、60mにするかは行く岩場によって異なりますが、迷ったら60mを購入すればOKでしょう。

現在、シングルロープの太さは9mmから10.5mmぐらいまであり、ざっくり言えば、細ければ細いほどエキスパートのハードルート向き、操作性が高いかわりに耐摩耗性は太いものに劣ります。太いロープの長所と短所は細いものの逆と考えて差し支えありません。

また、ロープは消耗品です。何年も使い続けるのは危険ですので、高いものを長く使うより、安価でも使いやすい製品をまめに買い換えましょう。

「エボリューションベロシティー」は、操作性と対磨耗性のバランスがとれた9.8mm。コストパフォーマンスに優れ、クリス・シャーマをはじめとしたトップクライマーにも愛用される信頼のおける製品です。

ロープ購入時に「コイル巻き」になっていると、使用前にちゃんとほぐさないと絡まることも。新品の状態で振り分けて束ねられていて、ビギナーに優しい
しなやかでクリップしやすい。厳密には衝撃吸収性、フォール時の伸び具合などに差があるロープだが、おそらくビギナーは体感しづらい。扱いやすさが選択のポイントだろう
コア(芯材)、外皮ともにドライ加工が施されている。濡れると強度が落ちるとされるロープを水から守り、常に一定の強度を保つ。また、同時に耐摩耗性も高められている
※50mはドライコアのみ、ドライコートプラスを選択可。60mはドライコアのみでドライコートはなし
トップロープで使用しても、キンク(ロープのねじれ)が見られなかった。落ちたときに岩角で擦れたが、加工された外皮はほつれが少ない

 

「クリス・シャーマが一番使っている」というだけあって、強度と耐磨耗性の点で安心感がありました。中~上級者は、ハードルートの練習時にこのロープを使い、レッドポイントトライの際には、9.4mm、9.2mmという細い径を選ぶという手がいいでしょう。

さまざまなビレイディバイスがあるので一概には言えませんが、ビレイ時の操作性という点でもビギナーにおすすめできるモデルです。ただ、ドライ加工の影響からか、新品は若干滑るときがありますので、その点だけ注意してください。。

*問合せ先
イボルブジャパン TEL0565-42-3505

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ