トップページ  > 外の岩場へ行ってみよう[アイテム選び > ボルダリングの持ち物リスト  >  ボルダリングマット【マウンテンダックス】ゴレイロトリプルⅡ

ボルダリングマット【マウンテンダックス】ゴレイロトリプルⅡ


岩場ではどんなに大きくて厚いマットを使用しても、ジムと同等の安全性は確保できません。ですから、登り方を変えて無茶な突っ込みはやめておくべきですが、それでも稀に起こってしまう予想外のフォール。そんなときのために、できる限りの安全性を確保したいものです。

ゴレイロトリプルⅡは3つ折りのヒンジ(折り目がある)タイプ。広げたときの長辺が180cmと、ひとりで“快適に”運べるサイズとしては最大レベルのマットです。バックパックメーカーでもある同社のこだわりで、接地面には630デニールの耐久性が高いナイロンを使用。尖った岩や木の根の上に置いても安心です。

また、なんといってもうれしいのはその価格。ビギナーが最初の一枚に選ぶには最適なモデルとなっています。

広げればゆったりストレッチができるサイズに。多少トラバースしてもそこはマットの範囲。長辺180cmは昼寝用にも最適?
足拭きマットが付属。岩に取り付く前に汚れを落とすのは、シューズのパフォーマンスを引き出すためであり、マナーでもある
上部に付けられたループはシューズやチョークをぶら下げられる。また、スタッフバッグなどの荷物はループに付けたままマットに挟めば邪魔にならない
屈折箇所は強力なマジックテープで補強されている。弱点であるヒンジ部をカバーし、捻挫から足を守ってくれる

 

だれもいない岩にひとりで取り付くとき、長辺120cm程度のマット一枚だと、どうしてもカバーできない部分が出てきてしまいます。そういうときは、ここに落ちそう、ここに落ちたらマズい!という場所にマットを敷き、それ以外はノーマットということも。その点、ゴレイロトリプルⅡは広い面積をカバーできて安心感がありました。

落ち心地については、正直、2日間使っただけでは言えることでは少ないのですが、新品ではちょっと固めの印象です。そのぶん、岩が飛び出した場所での使用感はグッドでした。

*問合せ先
マウンテンダックス TEL03-3608-8441

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ