トップページ  > 外の岩場へ行ってみよう[アイテム選び] > ルートクライミングの持ち物リスト  >  ビレイディバイス【マムート】スマート

ビレイディバイス【マムート】スマート


ビギナーがビレイを覚える場合、最初のビレイディバイスはチューブタイプを選び、ビレイの基本動作を正しく行なえるようになるべきです。同社なら「クラッグライトビレイ」のようなシンプルで制動力が高いモデルが、9mm台のロープでも安心して使えます。

ただ、岩場は足場がわるく、ビギナーがビレイに集中しづらい環境です。ジムに比べると中間支点が少なくてロープにかかる摩擦が少なく、フォールする距離が長いため、クライマーが落ちたときにロープが手元から流れることもあります。

「スマート」は急にロープが引かれるとロックするブレーキアシスト機能を備えています。使用方法は一般的チューブタイプとあまり変わりませんが、突然、クライマーが落ちたときに自動でロープにブレーキがかかり、制動をアシストしてくれます。

また、クライマーとの体重さがあるとビレイヤーは引きずられたり、壁にぶつかったりしてビレイがおろそかになりがち。思わず手を離してしまった!なんて万一のときのためにも、体重差があるパートナーがいるクライマーにおすすめしたいアイテムです。

*この製品はオートビレイ器ではありません。ロープの径などによっては、流れることもあります。

リードクライミングのビレイ時はグリップの先端に親指をかけ、矢印方向にロープを繰り出すだけ。ビレイ時、絶対に離してはならない“下の手”は、動かす必要がなく安心
ロアーダウンのとき、片手はグリップの先端を持ったまま、もう一方の手は下のロープを持ち、一気にロープが出ないようにしっかり抑えながら、グリップを少し持ち上げるだけ
環付きカラビナは同社の「クラッグスマートHMS」がベストマッチ。カラビナがビレイ中に回転しないようロックでき、カラビナの強度が一番出る角度を維持
トップロープのビレイ、またはリードのビレイ時にロープを手繰るときは、チューブタイプのビレイディバイスと同様の使い方でOK

 

取材時は、ロープが新品で外皮が滑りやすかったせいか少し流れる感じがしましたが、あくまでブレーキアシストだと割り切って正しいビレイをしていれば問題ありません。ブレーキアシストは万一のときの備えだと思って、しっかりロープを持っていればいいのです。

ただ、少々癖があり、ビギナーが岩場でいきなり使うのは避けたほうがいいかもしれません。まずはジムで練習してから岩場に持ち込むこと。操作に慣れると、非常に便利で優秀なデバイスです。懸垂下降をするのであれば、ダブルロープが使える「スマートアルパイン」を選びましょう。

*問合せ先
マムートジャパン TEL03-5366-0587

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ