トップページ  >  【東京五輪応援企画】スポーツクライミング 3種目について [ リード・ボルダリング・スピード]

【東京五輪応援企画】スポーツクライミング 3種目について [ リード・ボルダリング・スピード]


スポーツクライミングの試合観戦をもっと楽しむために、競技のルールについてわかりやすく説明します。

東京五輪でスポーツクライミング競技が追加種目として採用されれば、「リード・ボルダリング・スピード」の3種目が行なわれるでしょう。この3種目が複合競技としてIOC(国際オリンピック委員会)へ提案されたと発表があり、ルールなど独自のフォーマットとなる可能性がありますが、ここではワールドカップなどで採用されている、国際競技団体「IFSC」が発表する国際大会のルールを紹介します。

監修=北山 真

リード:リードで登って/どこまで登れたかを競う競技

olympic_lead_img

リード競技は専用に設計された十数メートルの高差を持つ人工壁を、ロープで安全を確保された状態でどこまで登れたか(どこで落ちたか)を競う種目。取付から終了までのホールドに番号が振られていて、30番目のホールドで落ちたら、成績は30。31番目のホールドで落ちたら31で、これは30より上の成績となります。

誰もが完登してしまったら競技にならないので、ごく一部のトップクライマーのみが完登できるような難しさにするのが基本です。そのためにルートセッターという専門家がいて、選手の技量を予測しルートを設定します。決勝ではもちろん、ひとりだけが完登するのが理想です。

「オンサイト方式」が基本ですが、近年は選手の増加にともない予選は「フラッシング方式」で行われるのが定番となっています。

オンサイトとは〝初見〟の意味で「自分が登る前に他人の登りを見ることはできない」というもの。他人の登りを見るということは最も有効な情報なので、登る順番があとになればなるほど有利になってしまいます。そこでアイソレーションエリアと呼ばれる隔離場所が設けられ、自分が登る順番まで待機します。

フラッシングは「他人の登りを見たあとに、初めてトライする」というもの。セッターによる〝生の〟デモンストレーションが行なわれたり、登っている映像を控室で流したりします。

*「+(プラス)」の成績…
保持したホールドから重心の移動をともなうムーブをするか、先のホールドを触れた場合に「+(プラス)」として評価されます。例えば40番目のホールドから手をだした場合「40+」となります。

 

ボルダリング:マットで安全確保して/完登できた課題数を競う

olympic_boulder_img2

ボルダリング競技は高さおよそ5m以下の壁に複数の課題が設定されていて、いくつ課題を完登したかを競います。ただし、それだけでは同成績の選手が多数でてしまうので、完登数が同じだった場合は、それに要したアテンプト(トライ)数が考慮され、トライ回数が少ない方が上の成績になります。

それでも同成績の場合は、課題の中間付近に設けられたボーナスホールドでポイント数を競います。ボーナスポイントとは、課題の途中でポイントとなるホールドを設定し、そのセクションを通過した場合、またはボーナスホールドを保持した場合に認定されます(1課題につき1回の評価)。完登した課題もボーナスホールドを通過しているので、ボーナスポイントがつきます。

さらにそれでも同成績の場合、ボーナスポイントに要したアテンプト数が少ない方が、勝ちとなります。

*成績が「4t6 5b8」だった場合。これは”4Top(完登)に6回のアテンプト(トライ)で成功。5つのボーナスポイントをゲットし(4完登も含まれる)、それに要したアテンプトは8回(完登に要した6回を含む)”ということを表します。

*最も成績が高いのは、全課題を一撃完登だった場合。ラウンドが5課題だと仮定すると、成績は「5t5 5b5」。

*完登…
色テープなどで指示されたホールドからスタートし、指定されたゴールのホールドを両手で保持すること

 

スピード:トップロープで/完登するまでの時間を競う

スピード種目予選は、タイムを計り速い順に16名が選ばれます。ここから8分の1ファイナルとなり、より競技性をもたせるためにトーナメント方式が採用されています。2人が同時に登り、先に終了点に達したほうが勝者となり、次のラウンド4分の1ファイナル(準々決勝)に進みます。タイム差は関係ありません。

過去にはコンペごとにルートが設定されていた時代もありましたが、現在は壁も、ホールドも、ルートも共通で行なわれます。つまり、世界記録を表示できる唯一のクライミング競技ともいえます。2016年6月時点の世界記録は15mの壁で男子5.60秒、女子7.53秒という驚異的なものです。

現在のところスピード種目に参加する国には偏りがあります。中国、ロシア、ポーランド、ウクライナ、カザフスタンなどが、参加者の多い国です。日本では、本格的に練習できる施設がないのが現状で、オリンピック競技として採用されることになれば、スピードクライミングのできる環境が求められるでしょう。

*動画はDanyl Boldyrev(ダニエル・ボルディヤフ)が世界記録5.60秒を叩き出したときのもの


olympic_news_door1-2 olympic_comp_door1-2 olympic_sport_door1-2 olympic_event_door1-2


注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ