トップページ  > これからはじめる方へ  >  外の岩場へ行ってみよう[アイテム選び]

外の岩場へ行ってみよう[アイテム選び]


文=佐川史佳(ROCK&SNOW編集部) 写真=亀田正人

この春、外岩デビュー!という方は、何を持っていけばいいのか、何を買えばいいのか、と困っていませんか?このコーナーでは、ルートクライミングとボルダリングに行くときの基本装備を紹介します。また、編集部のおすすめアイテムは、シーズンを迎えたばかりの小川山で実際に使用し、その機能を使用感を交えてレポート。

当たり前の話ですが、外岩はジムとは違って天候や気温の変化があり、クライミングそのものに求められる技術も異なります。したがって、持ち歩く装備やギア、選び方も変わってきますので、しっかり読んで忘れ物がないようにしましょう。

クライミングネット おすすめのアイテムはこちら

 


注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ