トップページ  >  皆さまからのご意見 Page.01 <賛成>

皆さまからのご意見 Page.01 <賛成>


13ページにわたるご意見、全部で492件の声をいただきました。

>>「賛成」346件
>>「どちらかというと賛成」76件
>>「反対」30件
>>「どちらかというと反対」40件

「賛成」を選ばれた方からのご意見

コメント 性別 年齢 住まい
クライミングを始めてコンペなどに参加してみると、たくさんの強い子ども達がいることを知り、その日本のクライミングをしてる子どもたちがオリンピックに出るところを見たいです。 男性 20代 岡山県
「趣味でやるボルダリング」の認知度は向上したが、「クライミング競技」の認知度はまだまだかなり低いので、向上してほしい。 女性 20代 東京都
勝ち負けがわかりやすく、例えばサーフィンとかよりも競技者じゃない人も楽しめると思う。 女性 20代 東京都
是非ともオリンピックでクライミングを観たいです:) 男性 30代 千葉県
クライミングが大好きです。オリンピック種目になれば、私の目標になって、もっともっと強くなるよう頑張りたいです。 女性 10代 東京都
ぜひ、ぜひ、オリンピック種目として日本選手の強さを多くの人に知ってもらいたいです! 女性 30代 東京都
伝統のある種目で、競技人口の少ない種目については公平な判断が必要。新しい種目、競技にも公平に判断をしてほしい。 男性 50代 東京都
生涯スポーツとして、もっとクライミングが認知されて欲しい。 男性 30代 福岡県
クライミングはエキサイティングで見ていてとても楽しく、ルールをも守れば安全且つ誰でも楽しめるスポーツです。日本には世界トップレベルの選手が多数おりますし、彼らの活躍に期待するとともにサポート面での充実を期待しています。 女性 30代 愛知県
世界から見たらクライミングが優勢だと思う。日本独自だと野球、空手が優勢に思える。 男性 60歳以上 岩手県
オリンピックでの観戦期待してます。年齢性別問わず、幅広い人たちからの参加の多いスポーツです。身近にやれるものだと思うので今後の発展も兼ねて、ぜひオリンピック競技に! 男性 30代 茨城県
リード、ボルダリング、スピードの3種目は、それぞれ別の種目として設定してほしい。特に、スピードに関しては、オリンピックを機に中距離的な種目(クライムダウンして登り返す等)を増やしても面白いかも。 男性 40代 埼玉県
選手のサポートが厚くなってほしいと願う反面、競技人口が増えると外岩でのマナー低下など心配事もあり、複雑な気持ちです。とはいえ、やはり選手のサポートの方が最優先だと思いますので、オリンピック競技になってほしいです。 女性 30代 東京都
スポートクライミング(スポーツではありません)が、生涯スポーツであることを知ってもらえたら嬉しいです。 女性 40代 東京都
クライミングはオリンピック競技にすることにより新たな人間の可能性を引き出せるものと思いました。 男性 30代 東京都
簡単なルールで、とても分かりやすく、誰でも楽しめる競技だと感じています。 男性 40代 埼玉県
壁は数週間で設置できまたすぐに撤去できるのでエコな競技だと思う。 男性 30代 東京都
競技スポーツとして活動するならば、やはり目標としてオリンピックは目指すべきと考える。 男性 40代 和歌山県
クライミングはすごく楽しくて、私の人生を変えてくれたスポーツだと思っているので、この競技の良さをみんなに伝えたいです。 女性 30代 神奈川県
世界と国内との知名度の差が減るのは良い事だと思いますが、これがきっかけで興味を持った人達のジムやい岩場でのマナーの低下が心配出はあります。 男性 30代 東京都
子供から大人まで、金持ちでも貧しくても、男でも女でも、誰もが楽しめるスポーツ競技だと思う。また基本的なルールは単純でわかりやすいと思うので、オリンピック種目に相応しいと考えている。 男性 40代 東京都
賛成ではありますが、上記の反対理由が懸念事項としてあります。若年層を育成する立場になる人たちも、増やさなければならないと思います。 女性 30代 東京都
個人、団体の複数の競技形式にすれば面白いと思う。 男性 50代 大分県
ただ見るだけではルールを知らない人はつまらないと思う。リードよりボルダリングの方がテレビ、スタジアム観戦でルールを知らない人でも楽しめると思います。 男性 20代 埼玉県
オリンピック出場を夢見て、日々練習をしています。日本でのオリンピック開催は最初で最後のチャンスだと思いますので、是非開催競技に選んで頂きたいと思います。 男性 10代 愛媛県
日本でのクライミングの認知度はまだまだ低く、オリンピック競技になっても観衆に面白さ、難しさが伝わりにくいという点、採点基準が分かりにくい点など、改善点も挙げられる。しかし一方で、クライミングは基本的に個人種目だが、あえて団体戦にして完登数を基準に競い合ったりもできるため、一体感が高まり易いと思う。更に私が1番に挙げる理由は、パラリンピックでも競技できる点だ。五体不満足でも、一般の人と同じように登ることができる、と世間に知らしめることは、身体障害者の方への生きる希望になると信じている。また、日本には野口選手、野中選手、藤井選手と、世界に通用する選手がたくさんいる。そういった選手のパフォーマンスに刺激を受け、クライミングの若年層の活性化につながり、将来の日本へのメダル貢献にも期待できると思う。 女性 20代 東京都
是非観てみたい。 男性 50代 東京都
ガンバっっ!! 男性 40代 京都府
スポーツクライミングが東京オリンピックの種目としてふさわしい理由を挙げます。 1)ほぼ全世界、特にアジア、中南米にまで普及している世界的なスポーツである事と、特定の国、地域のカラーに染まっていない点から幅広い国からの参加を見込めること。 2)オリンピックには世界のトップ選手の参加が見込まれ、世界最高峰のレベルの競技を観戦できること。競技施設の建設は比較的安価ですむ。 3)日本国内で急速に普及しており競技参加への敷居が低いことから今後継続的な競技人口の増加が見込まれること。また生涯スポーツとして適している。 4)日本選手は国際的に高いレベルを維持しており活躍が見込まれる。 男性 50代 兵庫県
世界的にメジャーになりつつある競技であり、かつ日本選手のレベルも高い種目です。若者が、キーワードであれば選ばれても良いのではと思います。 男性 40代 京都府
実力さえあれば、誰でもオリンピックに出場できるので、夢を与えてくれるはずです。 男性 20代 埼玉県
ワールドカップがあるほどの競技です。オリンピック競技になっても何ら問題ないと思います。 男性 50代 神奈川県
オリンピックの舞台でクライマーが戦う姿を見たいです! 男性 20代 神奈川県
クライミングの世界大会において、日本人が上位を占める割合が多く、最近手軽に始められるスポーツとして浸透性もあり、オリンピック競技にしてメダルを獲得に力を入れてほしい。 女性 40代 埼玉県
賛成しています。知名度やこれからの発展につながる可能性が非常に高いからという理由です。また遠征予算の確保もできるためより選手には良い環境で取り組んでほしいという気持ちからです。オリンピックで知名度が上がる事によっての件で良く耳にする、マナー等の問題や、クライミング民度の向上については、ローカライズされたポイントになりますので、個人的にはジムの運営者、スタッフやクライミングに取り組む者全ての人が、気をつけて、伝達していく事だとおもいます。上記についてはオリンピック競技に選ばれるイコールではないと思っています。 男性 40代 大阪府
オリンピック種目になることで、クライミングを楽しむ人がもっと増えてほしいと願っています。また、ハイレベルな選手たちのパフォーマンスは観戦を愉しむ面においても、他のどんなスポーツにも引けをとらないと思います。 男性 30代 千葉県
野口啓代ちゃんや野中生萌ちゃんなど、メダルが期待できるので、ぜひオリンピック種目になってほしいです。クライミングジムはどんどん増えていて、やっている人口も増えています。そして、どの年代でも1人でも気軽に始められる身近なスポーツなので、オリンピック種目になるべきだと思います。 女性 30代 東京都
クライミングが多くの人たちへ理解していただける絶好の機会だと思います。ぜひオリンピックになって日本選手の活躍をみたいものです。ただ、クライマーのモラルなど、我々も再考しなければならない時期なのかも知れないと思うこともあります。オーストリアなどのように多くのクライマーが国民に尊敬される時代が来ることを期待しましょう。 男性 40代 鳥取県
メダルの確率も高く、個数の確保も望める。 男性 40代 広島県

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ