トップページ  > クローズアップ > トレーニング一覧  >  足首、ちゃんと使えてる?(2)

足首、ちゃんと使えてる?(2)


ストレッチで足首の柔軟性を高めよう

柔軟性を高めるには、日頃の継続的なストレッチが欠かせない。準備運動としてのストレッチも大切だが、運動後や風呂上がりなど、体が十分に温まった状態で少しずつ可動域を広げていくの効果的。早く効果を上げようと強く伸ばしたり、やたらと回数を重ねたりするのは、逆に故障の原因にもなる。「痛気持ちいい」くらいの強さを目安に。簡単なので、地道に毎日続けよう。

最初に、つま先を持って足首を左右に数回回してから行なうといい。それぞれの方向に「伸ばした状態で5秒キープ→緩めて5秒」を1セットとして、左右とも3セットを目安に行なう。

 

足首強化のトレーニングを取り入れよう

柔軟性を高め、可動域を広げると同時に、足首に重心がかかった状態でつま先立ちになるためにはパワーも必要だ。 段差につま先を乗せ、かかとを上下させる動きなら、簡単に日常生活に取り入れることができる。荷物などを左右均等に持った状態で行なえば、より負荷が大きくなって効果的。ふくらはぎのむくみ解消にも効果があるので、気づいたら小まめに行なうようにしたい。

 

こちらは上級編。壁などに手をかけ、しゃがんだ状態から片足を前に出す。
自分の体重で足首に負荷がかかる。バランスや筋力のトレーニングにもなる。

 

 

なぜ足首なのか…

クライミングの本や雑誌の中で、足首について触れられることは多くありません。でも、私の講習会では最初に必ず足首の動きについてお話をしています。

股関節の柔軟性やひざの動き、立ち上がるための脚力など、クライミングのトレーニングにはいろいろありますが、足首のような小さなパーツにはなかなか目が届きません。しかし、クライミングは全身のつながりを使って登るもの。どんなに筋力があり股関節や肩が柔らかくても、たった1カ所、足首が硬いだけで、あなたが持つ力を十分に登りに生かせません。例えば、ひざの動きができているときには、無意識に足首が使えています。でも、足首が使えていないのに、ひざの動きができることはないのです。

筋力が強ければ、柔軟性がなくてもパワーで登れるかもしれません。でも筋トレでパワーをつけるのと同じ効果が、足首の可動域を広げることで得られるなら、とても効率がいいと思いませんか?例えば、高いホールドに足を上げるときや、遠いフットホールドに足を届かせたいとき、足首を伸ばせればとらえやすくなるはずです。簡単なことですが、見落としがちな部分なんです。

私自身、登り込んでいるときは、体重にかかわらず、目に見えて足首が細くなります。それだけ足首を使っているということですね。どんなムーブも足首を使わないものはありません。ぜひ意識して、足首で舵取りするイメージで登ってみてください。

講師=米倉亜貴 写真=山本浩明 構成・文=小川郁代 取材協力=T-WALL大岡山店

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ