トップページ  > これからはじめる方へ  >  ホールドの持ち方・足の置き方を知ろう

ホールドの持ち方・足の置き方を知ろう


やさしい課題は、どのような登り方でも登れてしまうけれど、少し難度が上がると、ホールドの持ち方や足の置き方で、登れるかどうかに影響するようになってきます。基本的な持ち方、足の置き方を知っているだけで、上達度にきっと大きな差がつきますよ!

ホールドの持ち方

 

ホールドにはいろいろな形があり、それに合わせるように、いろいろな持ち方があります。最初は怖くて、ついついホールドを握りしめてしまうけど、力を抜いても意外とぶらさがれることも。リラックスして最小限の力で持つようにしましょう。

持ち方の種類は多いけれど、ここでは基本的なものだけを紹介。ちょっとした持ち方の違いで、指が滑りづらくなったり、力がセーブできたりします。

 

aboutgym_03t01

写真のように小さなホールドは、指をそろえてホールドに置き、親指を人さし指の上に乗せるようにして、指先にぎゅっと力を入れると安定する。右の写真のように指が開いていては力が入らない。クリンプは指を痛めやすいので、小さなホールドのときだけ使うようにしよう。

 

aboutgym_03t02

大きくて引っ掛かりがなく、滑りやすいホールドは、ただ漠然と持つのではなく、ホールドの上部に指を掛け、接する面をなるべく広くするのがコツ。このとき、指先は壁につけ、壁とホールドの間に指を入れ込むようなイメージで力を入れてみよう。

 

aboutgym_03t03

親指とほかの4本で、ホールドをつまむように持つ。なるべく深く持ち、特に親指に力と意識を置いて、挟み込むように力を入れるのがポイント。

 

aboutgym_03t04

穴状のホールド(ボルトの穴ではない)に、穴に入るだけの指を掛ける。2本を掛けるときは中指と薬指を使うのが基本だが、人によっては中指と人さし指を使う人もいる。

 

aboutgym_03t05

 

親指を上にして横向きに手を掛け、内側に引っ張る。体を横向きに倒すことができ、動きの幅が広がる。

 

aboutgym_03t06

 

下向きのホールドを下から引き上げるように持つ。ひじをしっかり伸ばし、脚と手で突っ張るイメージで。

 

【PR】ボルダリングをはじめるなら、まずはこの一冊!

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ