トップページ  > これからはじめる方へ  >  実際にボルダリング(クライミング)ジムへ行ってみよう

実際にボルダリング(クライミング)ジムへ行ってみよう


aboutgym_re23 1.ここがクライミングジムです
「PUMP2」川崎店にやってきました。おしゃれな建物です! 世界レベルのルート壁と充実したボルダー壁があります。女性スタッフも多く、初めてでも安心して利用できます。事前の予約等は不要です。

 

aboutgym_re24 2.まずは受付へ
受付用紙に氏名、住所、緊急連絡先などを記入して渡します。このとき、誓約書にサインを求められます。クライミングは危険を伴うスポーツ。誓約書をよく読み、安全対策とリスクをよく理解してからサインしましょう。

 

aboutgym_re25 3.会員証を受け取る
施設利用料(1日2000円前後)と初回は登録料(1000円前後)を支払い、受付が済むと会員証を渡されます。2回目以降は、この会員証を持ってきましょう。

 

aboutgym_re26 4.安全講習
PUMPの場合、安全にクライミングを楽しむための注意点がまとめられたDVDを見ます。ケガをしないように、しっかり勉強しましょう。

 

aboutgym_re27 5.着替え
男女別の更衣室でTシャツやジャージ、ヨガパンツなど動きやすい服に着替えます。トレーニングウエアでもOKですが、クライミング専用のウエアもあります(ジム内のショップや登山用品店などで買えます)。滑り止め用のチョークがつくので、ウエアは汚れてもいいものを。

 

aboutgym_re28 6.シューズとチョークバッグを借ります
クライミングがしやすいように作られた専用のシューズを履いて登ります。シューズは高価だし、種類がたくさんあって選ぶのが難しいので、初めはレンタル(料金は300円前後)を利用するのがおすすめ。ふだん履く靴より少しきつめのサイズを選ぶと登りやすいですが、慣れるまでは足が痛くなるのでジャストサイズでもOK。マイシューズは素足で履く人も多いですが、レンタルシューズは靴下着用がマナー。手につける滑り止め、チョークが入ったチョークバッグも借りるといいでしょう(100円前後)。

 

aboutgym_re29 7.いよいよクライミング体験
ここまで済んだら、ストレッチをして、まずはボルダリング壁へ行ってみましょう。あ、最後にもうひとつ。爪が短く切ってあるかチェックしてくださいね。爪が長いとホールドに引っ掛かって剥がれる危険があります。

 

子供もクライミングをやっていいの?

kids_ok_04
基本的にはOKですが、利用時は保護者または引率者の同伴が求められたり、18歳以下は保護者または引率者の承認が必要なことが多いです。
 
また、年齢や利用時間に制限のあるジムもあります。
 
利用の際には、事前に各ジムにお問い合わせを。
 
子供の受け入れ可否を条件にお近くのジムを探したいときは、『クライミングネット』のジム検索が便利です。

 

*施設利用料、登録料などはジムによって違うので、事前にインターネットなどで調べましょう。また、ここに紹介した受付の流れは一例です。各ジムの指示に従ってください。

 

 

【PR】ボルダリングをはじめるなら、まずはこの一冊!

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ