トップページ  >  マウンテンハードウェアのクライミング用パックは、フルオープンのフロントパネルで機能性抜群!

マウンテンハードウェアのクライミング用パックは、フルオープンのフロントパネルで機能性抜群!


  
sponsored by マウンテンハードウェア モニター=佐川史佳 取材協力=ボルダリングサイト ビースリー春日部


クライミングギア モニターレポート!
 
今回はクライミング用パックをピックアップ。クライミングと名のつくものは、ボルダリングから、ルート、アイスまでジャンル問わずオールラウンドにこなし、クライミングをこよなく愛するボルダリングサイト ビースリー春日部オーナーの佐川史佳がテスターとなって使用感をレポートする。

ショートルートの岩場へ行くときに携行するアイテム、ロープ、ハーネス、シューズ、チョークバッグ、クイックドロー12~15本、飲食物などに加え、厚手の防寒着を入れるとなると40~50リットルのバックパックが必要です。特に夕暮れどき、多少は雑になっても手早くパッキングして帰りたいときには、上記のアイテムが余裕で入るサイズが必要でしょう。

スプリッターステーション40パック(以後、スプリッターステーション)は、40リットルということでギリギリかと懸念しましたが、予想より容量があって日帰り装備がぴったり収まります。暖かい時期であれば防寒着は減らせるので、さらに余裕があります。

そして、背面のパッド、ショルダー・ウェストベルトがしっかり作られていて、パンパンに装備を入れて長時間歩いても疲れを感じにくいのが、このパックの特徴です。背面長には個人差がありますが、サイズが2種類あるので体に合ったサイズを選ぶといいでしょう。

 

 

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ