トップページ  >  高いフリクションと持続性。ジム、外岩、コンペと欠かせないチョーク「PD9」

高いフリクションと持続性。ジム、外岩、コンペと欠かせないチョーク「PD9」


sponsored by 株式会社 B・S GROUP モニター=会田祥 取材協力=クライミングスペース レッジ


クライミングギア モニターレポート!
 
今回は2015年発売以来、人気のクライミング用液体チョーク「PD9」です。普段からPD9を愛用している、パラクライマーの会田祥が、数あるチョークのなかからPD9を選ぶ理由、使い方を紹介します。ぜひ、チョーク選びの参考にしてください。
 

 

僕が「PD9」を使い始めたのは2015年だったと思います。フリクションと持続性、手荒れ防止に優れていて、ジムにコンペ、外岩とさまざまな場面で重宝しています。

 僕個人の使い方としては、アップ前に手の全体にしっかりとつけます。あとは、登っていて汗や指皮が気になったときに、指の腹から先と第三関節のあたり、いわゆるガバダコのできるあたりに少しつけ足しています。 メーカーの公式サイトでは、粉チョークと併せて使用する必要はないとありますが、ルートやボルダーの〝ナガモノ〟を登るときは、PD9を下地としてしっかりつけたうえで、チョークバッグを腰につけ、トライ中は上から粉チョークをつけています。 表現するのは難しいですが、フリクションは「ピタッ」とした感じ。ホールドを保持した手がぶれないイメージでしょうか。

他の液体チョークは、汗を飛ばし「パキッ」とした感触になるものが多いのに対し、PD9はしっとりとした感触で、このコーティングされた感じがPD9独特のフリクションでもあります。 以前のモデルは、このしっとり感が強めで、この感触が苦手というクライマーもいたと思いますが、最新モデルではそれがかなり抑えられています。その点、持続性でいえば、以前のモデルのほうが高かったのが正直なところですが、それでも、他の液体チョークと比べるとかなりモチがよく、使用頻度が少なくて助かっています。

商品に関する問い合わせ先 株式会社 B・S GROUP
電話 082-224-2001
問い合わせフォーム http://pd9.jp/contact.html
Officiel HP http://pd9.jp/


注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ