トップページ  > これからはじめる方へ  >  ボルダリング(クライミング)ジムってどんなところ?

ボルダリング(クライミング)ジムってどんなところ?


岩場に似せて造られた壁があり、屋内で安全にクライミングを楽しむことができる施設。壁にはホールドと呼ばれる人工の石が取り付けてあって、さまざまな難易度の課題(ルート)が設定されています。

ジムには「ボルダリング」用と「ルートクライミング」用の2種類の壁があり、両方楽しむ人も、それぞれを極める人もいます。いずれも、より難しい課題に挑戦していくのは同じです。クライミングジムは現在、全国に500カ所以上あって、今もその数は急増中。きっとあなたの町の近くでも始められます。

ボルダリング

aboutgym_re01

墜落しても危険の少ない高さ3、4mほどの壁を、自分の手足だけで登ります。必要な用具が少なく、ひとりでも楽しめるので、手軽に始められるのが特徴。最近はボルダリングの人気が高く、ボルダリング壁だけのジムも増えています。

体験時に必要なもの(★印はレンタル可)
 ・動きやすい服
 ・クライミングシューズ ★
 ・チョークバッグ ★
 ・靴下(シューズをレンタルする場合)

 

ルートクライミング(トップロープ)

aboutgym_re02

ロープで安全を確保された状態で、高さ10〜15mほどの壁を登ります。最初は怖いかもしれませんが、完登したときには、より達成感が得られるでしょう。初めはジムの講習などに参加して、道具の使い方や安全な楽しみ方を教わる必要があります。

体験時に必要なもの(★印はレンタル可)
 ・動きやすい服  ・クライミングシューズ ★
 ・チョークバッグ ★ ・ハーネス ★
 ・安全環付きカラビナ ★
 ・確保器(ビレイディバイス)★
 ・靴下(シューズをレンタルする場合)

 

 

 

【PR】ボルダリングをはじめるなら、まずはこの一冊!

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ