トップページ  >  グッズトップ  >  グッズ一覧  >  カタナ レース


LA SPARTIVA / スポルティバカタナ レース

※価格は2017年6月時点のものを表記していますが、
変更される場合もございますのでご了承ください。
希望小売価格2万900円(税別)
サイズEU33~46
問合せ先ラ・スポルティバ・ジャパン
TEL:03-3841-6965
トラッドクライマーの支持率ナンバーワン。「カタナ」のクセのなさに、レースアップタイプならではのフィット感とP3システムによる剛性感をプラスしたシューズ。

ほどよいダウントウにより、前傾壁にも向きます。ハードなクラッククライミングを実践するトラッドクライマーの間では、非常に高い支持を得る隠れた人気シューズです。

インプレ

履きやすさ
足入れ
足裏感覚
エッジング
スメアリング
トウフック
ヒールフック
かき込み
フットジャム

荒川

立体的にアッパー部を製甲しているのはスポルティバの定番。かなりヒール側まで延びているレースアップシステムは、非常に締まりがよく、足との一体感がある。スポルティバのシューズは2、3の特殊なモデルを除いて、ここ5、6年、芯材に関しては変更がない(モデルにより厚さや形に違いはあるが)ので、これも同等の芯材が使用されていると思われるが、底面が軟らかめに感じる。ただし、このシューズにもP3が搭載されており、軟らかめの底面と相まって、ダイレクト感とつま先部の自由度を両立しているオールラウンドなシューズではないだろうか。

小澤

レースだったミウラをベルクロにしたミウラVSが最高なだけに、ベルクロだったカタナをレースにしたらすごいことになるのか?と期待していたシューズです。ちょっと期待しすぎていたのか、かなりフツーなシューズに感じました。とはいっても性能はすばらしい。カタナのラストなのでもちろん履きやすく、オールマイティに使えます。ひもモカシムみたいな感じといったらわかりやすいでしょうか。かなり柔らかいのですが、どこかにシャキッとした感じがあります。スポルティバのシューズで一番の“なんでも屋”ですね。今回テストしたものはサンプルだったため、製品版とは若干の違いがあるかもしれません。

木村

今回のテストシューズ(サンプル)が大きかったので、足入れくらいしかコメントできない。ただし、ノーマルな木型で、履いた感じは気持ちいい。痛くなくクセもないので、サイズは合わなかったものの、今回のテストシューズのなかでは好評価を与えてもいいのでは。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ