トップページ  >  グッズトップ  >  グッズ一覧  >  ミウラ VS ウーマン


LA SPARTIVA / スポルティバミウラ VS ウーマン

※価格は2017年6月時点のものを表記していますが、
変更される場合もございますのでご了承ください。
希望小売価格2万900円(税別)
サイズEU32~43
問合せ先ラ・スポルティバ・ジャパン
TEL:03-3841-6965
最強のエッジングシューズ。「ミウラ」のオールラウンド性を生かしながら、より攻撃的なスペックに仕上げたベルクロモデルです。

3本ベルクロとP3システムによる高い剛性と強力なエッジング性能は、マイクロホールドでも安定したクライミングを可能にします。花崗岩では最強シューズとの呼び声が高く、高難度スラブ課題の完登を支えています。

インプレ

履きやすさ
足入れ
足裏感覚
エッジング
スメアリング
トウフック
ヒールフック
かき込み

遠藤

デザインが最高! 性能も平均して高く、エッジングとかき込みがいいシューズなので、岩場向きかな。やや大きめを選べばスメアも効かせやすくなるので、ジム履きとして選ぶなら、ジャストよりハーフサイズ大きめを。互い違いのベルクロ3本は、フィットさせるという部分ではいいが、やはり着脱が面倒。ベルクロは着脱が容易なのはわかるが、トウフック時に邪魔になるので、なるべく甲寄りに1、2本がいいと思う。

寿村

ミウラーW'Sに比べターンインしているが履きやすく、ストレスをあまり感じない。つま先がスマートで足の乗せ替えなどがしやすい。ベルクロは土踏まずの底から伸びているので足がぎゅっと持ち上がり、エッジに効いてくる。3本留めのベルクロは互い違いになっているので、足幅の狭い女性でもしっかりフィット。ただ、トウのかかる面積が少ないため、慣れるには時間がいるかもしれない。

荒川

ユニセックス版のサイズダウン。しかし、カタナでも感じたのだが、レディスモデルのほうが若干、底部分が柔らかい気がする。芯材の違いは見受けられないので、個体差なのだろうか。こちらも、ユニ版がしっくりこないユーザーはぜひ一度、足を入れてほしい。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ