トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  二子山

二子山

現地最新情報

二子山は古くから西岳の岩場が登られていた。東岳はその圧倒的な傾斜と、西岳のように岩場を抜けてピークに立つという要素がなかったこともあり、人工ルートすらまれであった。1988年、折からの石灰岩ブームと股峠直下への林道が発見されたことで、埼玉、群馬、東京のクライマーが集中し、この1、2年間であっというまに100本以上のルートが完成する。その後開拓ラッシュの波は西岳へと向かい、祠エリアや中央稜周辺、ローソク岩に多くのルートが生まれた。さらに新エリアとして西岳北面が加わった。

この岩場の特徴

  • リード(ボルト)
  • マルチピッチ
地域 関東 エリア 埼玉県
区域 秩父
100岩場N0. 23
シーズン 通年(雨期、夏は染みだしで登れない)
岩質 石灰岩 傾斜 90~135度
ルート数 160本
~5.9:8
5.10台:29
5.11台:86
5.12台:44
5.13台:13
5.14台:2
駐車場GPS -
場所 埼玉県秩父郡小鹿野町
アクセス 坂本からの林道が開通したので、国道299号からのアプローチが一般的になった。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
林道沿いも可能だがあまり薦められない。下吉田キャンプ場に素泊まりの宿泊施設があり、ここを利用するクライマーが多い(一泊1000円☎0494-77-1290)。ほかに山逢いの里(☎0494-78-0002)など。坂本には民宿も数件ある。
その他 -
公衆トイレ
掲載書籍 関東

ユーザからの最新情報

minus
  1. 2013年4月16日 マル金

    2013年4月14日現在、『振り返るな(5.13a)』は染み出しにより、今シーズンは厳しいかもしれません・・・。(>_<) 『任侠道(5.12d)』も下部に染み出しがあり、トライされている方はウェスで濡れている箇所を拭きながらトライされていました。 その他は、多少の染み出しがありますが、午後くらいにはコンディションが良くなり、レッドポイントトライも可能なようです。 今年は染み出しが早いようで、常連さんよるとそろそろシーズンアウトかもしれないとのことです・・・。(T_T)
  2. 2013年4月10日 マル金

    2013年4月5日現在、恐らく『振り返るな(5.13a)』と『ホテル二子(5.11c)』はNG・・・。 『穴のムジナ(5.12c)』も濡れていましたが、午後には乾きました。 今年は、染み出しが早いかもしれません。

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ