トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  塩原ボルダー

塩原ボルダー

現地最新情報

【概要】 栃木県の北部に位置する塩原町は、温泉と豊かな渓谷美に恵まれ、一年を通して大勢の観光客でにぎわう。

塩原ボルダーは野立岩を中心に塩原町温泉街入り口付近の国道400号線沿い、箒川の川原200mほどの範囲に点在する。また、背後には天狗岩と呼ばれる大きな壁がそびえ立ち、周辺の雰囲気をよりいっそう盛り上げてくれている。かつてはここでも登攀がされていたようだが、遭難騒ぎなどにより現在は登攀禁止となっているようだ。

岩質はいわゆる大谷石と呼ばれる凝灰岩。基本的にかなりもろい岩でだ。岩の表面が箒川の増水によって洗われ、登攀可能なまでにホールドが安定してきたということだろう。

増水しても流れにさらされない高い位置のホールドは、不安定なものが多いので、登攀には十分注意をしてもらいたい。ハイボルダーは自信がなければ取り付かないでいただきたい。

この岩場の特徴

  • ボルダリング
地域 関東 エリア 栃木県
区域 那須塩原
100岩場N0. 36
シーズン 通年だが、増水時には取り付けない課題もある。
また、厳冬期はかなり寒く、雪で登れないときもある。
岩質 凝灰岩 傾斜 85~180度
ルート数 95本
~5級:14
4級:3
3級:12
2級:11
1級:6
初段:14
二段:10
三段~:23
駐車場GPS -
場所 栃木県那須塩原市塩原
アクセス 国道400号線沿いにある無料駐車場に車を止める。ボルダーまでは歩いて2、3分。野立岩に架けられた橋を過ぎた、ガードレールの隙間から降りるのが一般的。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
岩場の手前に塩原グリーンビレッジがある。料金などはhttp://www.shiobara-gv.netを参照のこと。

車中泊なら道の駅で可能。温泉街なので風呂に困ることはない。ちなみに、無料駐車場より下流へ500m行ったところのつり橋(歩行者専用)を渡ると、町営の露天風呂がある。照明なし、混浴と女性には厳しいが、山間の雰囲気を楽しみながら湯につかることができる。
その他 釣り人とのトラブルは避けていただきたい。

どこでも同じだが、ゴミやタバコの吸殻、テーピングテープなど必ず持ち帰ること。トイレは無料駐車場に完備されているのでそこを利用する。岩を乾かすためにガスバーナーなどは絶対に使わない(凝灰岩は簡単に剥離する)。

ホールドのブラッシングは柔らかい毛質のブラシを使う。ワイヤー・真鍮製ブラシは絶対使わない(チッピングしているのと同じ)。
公衆トイレ
掲載書籍 関東

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ