トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  旭川ボルダー

旭川ボルダー

現地最新情報

【概要】 旭川でボルダーといえば、神居古潭(カムイコタン)。つまりケンジコモロと梁山泊の2大ボルダーを指すものであった。しかし近年、ローカルクライマーの地道な活動により、年に数個のボルダーが発見され開拓され、現在総課題数300を誇る一大エリアとなった。これはあの小川山をしのぐ数である。

神居古潭のボルダリングは、1980年代前半、滝川同人αや旭教大ワンダーフォーゲルRCTのメンバーらによってはじめられた。当初は梁山泊や熊落しの岩など、現在もトライされているクラシックが多く登られたが、当時クラッシュパッドなどは当然なく、高さのある課題はボルトを打ち、支点をつくってトップロープで登られていた(現在も梁山泊に残っている支点はその当時のもの)。

但し、彼らはTRで登れて満足した訳ではなく、その後、フリーソロ、つまりボルダリングスタイルで「コロポックル」6a+や高さのある「みの虫」5+等を登りなおしていた。

その後赤岩青巌峡の発見もあり、ボルダー熱は一時停滞するが、それを打ち破ったのが1992年からのケンジコモロボルダーの開拓である。「AKR」6cを皮切りに、吉田和正によって次々に課題が設定され、「ターボチャージド」7a、「パラドックス」7b、と次々に限界が押し上げられた。

そして94年、来道した平山ユージによって「ハブ」7b+が初登され、その後小山田大などにも再登され、この課題は道内の二段のランドマークとなっている。道内において、神居古潭が最もいろいろなボルダラーにトライされているから、ここでしっかりグレードとらえ、他のエリアでのグレーディングの際に役立てて頂きたい。

この岩場の特徴

  • ボルダリング
地域 北海道 エリア 道央
区域 旭川
100岩場N0. 3
シーズン 5月下旬~11月上旬。4月、5月が神居古潭のメインシーズン。
岩質 さまざま 傾斜 さまざま
ルート数 300
~5級:25
4級:30
3級:50
2級:60
1級:70
初段:30
二段:10
三段~:2
駐車場GPS -
場所 北海道旭川市
アクセス 神居古潭は神居岩と同じ。ほかのエリアは以下。
道央道旭川鷹栖ICから、国道12号線を札幌方面へ。雨粉エリアへは道道937号上雨粉台場線に入り、12号線から6kmのところの分岐を右へ行くと「パンクロック」。分岐を過ぎ、いったん上った坂を再び下り始める途中、「斉藤牧場」の看板を右に入ると「北の再発見」に至る林道(雨粉林道)へ続いている。
春志内エリア「ブロッコリー」へは12号線沿い。観魚橋を渡ってすぐ左の林道へ。
「ビアガーデン」へはさらに12号線を進み、ニッネカムイ覆道をくぐってすぐの林道を左へ入る。各林道から岩場までは地図を参照。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
旭川近郊には無料、有料さまざまなキャンプ場がある。買い物も、旭川に行けば大概のものは手に入る。神居岩参照。
※詳細は「旭川のボルダリング」www.geocities.jp/esaomen/参照。
その他 4月、5月が神居古潭のメインシーズン。ヤブも少なく、陽だまりも心地よい。ただし、水場の近くでは大量のブヨが発生する。虫除けは必携。
うるしが出てくるのもこの頃なので、弱い人は注意。梅雨のない6月から8月も岩さえ乾いていればもちろん登れる。しかし、結露する事があったり、ヤブの高さが背丈を越えたり、何より旭川は盛夏には30°Cを越える。
9月は時折暑い日もある。10月から11月上旬も第2のメインシーズン。
林道周辺は例年、ゴールデンウイーク明けごろには雪が解けている。シーズンは5月下旬~11月上旬。そのころには初雪となり、寒いか、雪解けの染み出しで登れなくなる。
公衆トイレ -
掲載書籍 北海道・東北

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ