トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  有笠山

有笠山

現地最新情報

有笠山の開拓は1995年より、小林雅裕、森山議雄などの長野のクライマーによって始められた、関東周辺のビッグエリアの中でも最も新しいものである。

その後関東のクライマーによって多くのルート、エリアが追加されたが、中でも木村伸介の活躍は特筆に値しよう。すばらしい開拓中のエリアもまだ多数あり、小川山、城ガ崎、二子山に続く関東周辺第4のエリアとしての地位を不動のものにしつつある。

この岩場の特徴

  • 初心者・中級者OK
  • リード(ボルト)
地域 関東 エリア 群馬県
区域 中之条
100岩場N0. 19
シーズン 4月~11月(真夏は結露で登れないことがある)
岩質 流紋岩 傾斜 90~120度(一部140度)
ルート数 約120本(有笠山のみ)周辺を含めると150本以上
~5.9:5
5.10台:38
5.11台:65
5.12台:31
5.13台:4
駐車場GPS -
場所 群馬県吾妻郡中之条町
アクセス 関越自動車道渋川伊香保Iから国道353号を走る。中之条町で四万温泉方面に向かい沢渡温泉方面へ左折し天然橋(赤い鉄橋)を渡る。沢渡温泉入口を過ぎると左にテーブル状の有笠山が見えてくる。
長野方面からは上田市から国道144号を走り、長野原から国道292号線に入り暮坂峠を目指す。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
中之条森林公園ふれあいの森☎0279-75-6032、沢渡温泉アウトドアパーク・有笠山荘☎0279-66-2800、山水荘もりや(JFA会員割引あり)☎0279-66-2131。沢渡温泉の駐車場では絶対にキャンプしないように。
周囲には温泉が豊富でこれも楽しみのひとつ。沢渡温泉共同浴場300円、四万温泉町営浴場500円。買い物、食事は中之条町で。
その他 東口に駐車するときは要注意。ゲートの前は厳禁。この場所には3台程度(Uターンできるスペースを確保すること)。すぐ下の道路脇に4台程度。満車の場合はほかのエリアへ。
基本的に岩は軟らかいので、ボルトを過信しないこと。浮石にも注意したい。開拓する場合は基本的に長さ10cm以上のボルト、できればケミカルアンカーを使用すること(まれに硬い部分もある。その場合は各自の判断で)。
公衆トイレ
掲載書籍 関東

ユーザからの最新情報

minus
  1. 2014年11月28日 くま

    11月10日から東口登山道への林道は伐採工事等で通行止めです。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ