トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  本富岳

本富岳

【概要】 屋久島には多くの岩壁があるが、俗に障子岳、七五岳、そしてこの本富岳を三大岩壁と呼ぶらしい。しかしフリークライマーがアプローチ可能な岩となるとこの本富岳しかないといえよう。

現在オールフリーのマルチピッチルートはこの大岩壁に、鹿児島登攀倶楽部ルート(今回は残置プロテクションの現状が把握できなかったため割愛)を含めたった5本しかない(庵・鹿川のメンバーによる庵ルートが、屋久島フリーウェイと中央稜の間にあるが、オールフリーではないようだ)。

紹介する3本のラインは内容もグレードも違っていて、それぞれのパーティの技量により選択することができる。5.10台の「屋久島フリーウェイ」、5.11台が中心の「デイドリーム」そして5.12台を3ピッチ含む「水の山」である。屋久島を初めて訪れるのであれば、最低でもまる3日間は欲しい。

これらのルートを登るだけでなく、ぜひ1日はゆっくりと屋久島の自然を味わっていただきたいからである。

この岩場の特徴

  • マルチピッチ
地域 九州 エリア 鹿児島県
区域 屋久島
100岩場N0. 98
シーズン 秋から春
岩質 花崗岩 傾斜 80度
ルート数 4本以上
駐車場GPS -
場所 鹿児島県熊毛郡屋久町尾之間
アクセス 鹿児島より飛行機、またはフェリーで。いずれにせよ屋久島の周回道路を時計周りに安房方面へ。安房をすぎるとほどなく目の前に本富岳の勇姿が見えてくる。
尾之間の手前で千尋の滝への道に入る。千尋の滝へは右折するが、ここを左折気味に直進。しばらくいくと左側に駐車可能なスペースがある。アプローチは約1時間。1時間以下でたどり着けるのは健脚といえるだろう。帰りは40分程度である。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
入山口周辺に可能と思われる場所はあるが、工事中の個所もあり確約はできない。平内の屋久島ユースホステルがおすすめ。また平内海中温泉には、男性(勇気ある女性も)ならぜひとも訪れていただきたい。
文字どおり海中となっている場合もあるので、チェックして行ったほうが良い(潮の干満表は空港などで入手可能)。屋久島空港近くにクライミングジム「遊VIVA」がある。
その他 -
公衆トイレ -
掲載書籍 中国・四国・九州

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ