トップページ  >  国内岩場情報  >  国内岩場一覧  >  竜頭泉

竜頭泉

現地最新情報

【概要】 竜泉頭に最初に手をつけたのは佐賀の織田省思である。その後しばらくは山本章とのふたりで開拓が行われていたが1990年頃から樋口義朗、園田茂義らが参加し駐車場エリアと真ん中エリアで飛躍的にルートが増えていった。

橋エリアの岩の存在は早くから知られていたが'94年に樋口と河室恵一によって開拓され、着実にルートが増えていった。

学校エリアは橋エリアの対岸の林の中にあり、全国でもめずらしく高校生による開拓でその名前が付いた。

竜頭泉は同じ安山岩でも各エリアによって特徴がある。無数のカチホールドを駆使する真ん中エリア、磨き込まれた外傾ホールドを使う駐車場エリア、そしてどっかぶりの橋エリアはアンダーとピンチを多用する。

※主要ルートについては、大方リボルトが行われているが、一部古いタイプのアンカーが使用されているものがある。特に、タイダルウエーブ等はボルト間隔も遠いので注意を要する。

この岩場の特徴

  • 初心者・中級者OK
  • リード(ボルト)
地域 九州 エリア 長崎県
区域 長崎
100岩場N0. 89
シーズン 真ん中エリア9月~6月
駐車場エリアと橋エリア3月~11月
岩質 安山岩 傾斜 85~120度
ルート数 140本以上
駐車場GPS -
場所 長崎県東彼杵郡東彼杵町
アクセス 佐賀方面からは34号線で東彼杵インターを過ぎ、右手のセブンイレブン直前の信号で左折し、道なりに行くと千綿渓谷沿いの道となる。終点が売店兼、駐車場。真ん中エリアはさらに200m下ったところに車3台分ほどのスペースがある。
そこから徒歩5分でエリアに行ける。橋エリアにはセブンイレブンの信号からでも行けるが、わかりにくいので、もう一つ手前の信号から広域農道に入り、いこいの広場の標識に従い進む。佐賀県側の嬉野町からも県道6号線を使って行くこともできる。
アクセスマップ
宿泊・
キャンプ地など
橋エリアの近くのいこいの広場で幕営ができる。バンガローもある。
温泉は真ん中エリアの下流に千綿花房温泉ができた。また、嬉野温泉に大衆浴場もあるが、ほとんどのホテルでも入浴ができる。
その他 -
公衆トイレ
掲載書籍 中国・四国・九州

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ