トップページ  >  ニュース一覧  >  【アンケートのお願い】スポーツクライミングがオリンピックの競技になることに関して

【アンケートのお願い】スポーツクライミングがオリンピックの競技になることに関して

2015年7月8日

6月22日(月)に、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は東京オリンピック2020種目追加検討会議を開催し、今後ヒアリングをする8団体を選出。スポーツクライミングも候補の8団体に選ばれました。若い世代のスポーツ離れに危機感を募らせる国際オリンピック委員会(IOC)の意向を色濃く反映し、「若者」というキーワードが選考基準のひとつになっているそうです。

組織委員会は8月、今回通過した競技団体に対するヒアリングを実施して、再度絞り込み、9月末までに「1ないし複数」の推薦競技をIOCに提案。来年8月のIOC総会で正式に追加種目が決まる予定です。

さて、この候補8団体の発表にあわせて「東京五輪の追加種目で、採用されてほしいのは?」という意識調査がwet上で行なわれています。国際的な日刊経済新聞『The Wall Street Journal』で行なわれている投票では現時点で、トータル投票数が132,164票、スポーツクライミングはそのなかの48%を獲得して第一位。二位は得票率28%のボウリングです。(>>参照ページはこちら

一方で、Yahoo!JAPANで行なわれた日本国内の意識調査(7/2終了)では総得票数105,645中、野球・ソフトボールが58%を獲得して圧勝。2位が得票率14%のボウリング。スポーツクライミングはわずか3%で8競技中6位でした。(>>参照ページはこちら

日本と世界では、各種スポーツに対する意識、特にクライミングに対する考えかた、認知度に大きな違いがあるのがわかります。CLIMBING-net ユーザーのみなさまのご意見はどうでしょうか。

「スポーツクライミングがオリンピックの競技になることに関して」、みなさんの実態と意識を知りたいと考え、アンケートを行ないます。回答者のみなさまへのプレゼントはございませんが、アンケートの集計結果を公表することで、多くの方に、クライミング愛好者の実態として、周知したいと考えております。必須項目は選ぶだけの簡単な質問になっています、ぜひご協力をお願いいたします。

アンケートは終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

【ヒアリング対象8団体】
・世界野球ソフトボール連合
・世界ボウリング連盟
・世界空手連盟
・国際ローラースポーツ連盟
・国際スポーツクライミング連盟
・世界スカッシュ連盟
・国際サーフィン連盟
・国際武術連盟

※アンケートの集計結果は、当サイト上やニュースリリース等で公表するほか、当社の今後の活動に活用させていただきます。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ