トップページ  >  ニュース一覧  >  アイガー北壁メタノイア第2登

アイガー北壁メタノイア第2登

2017年1月6日

文=北山 真

ロジャー・シェーリ、トーマス・フーバー、ステファン・シーグリストが、ジェフ・ロウ初登の”メタノイア(Ⅶ 5.10 M6 A4)”を第2登した。

“メタノイア”はジェフ・ロウが単独で開拓した(ボルトなし、フィックスなし)まさにロウの金字塔と言えるルートで、アイガー北壁のど真ん中を登る攻撃的なライン。ロウは完登に9日間を要している。

これまでにも多くのクライマーによってトライされていたが完登はなく、この強力トリオをしてようやく第2登を見たということになる。

ジェフ・ロウ(1950~)はアマダブラム単独登頂など、多くのアルパインの記録を持つが、現代に通じるアイスクライミングのテクニック、用具を開発したことでも名高い。1994年にはヴェイルで世界初のM8,オクトパシーを初登、技術書「アイスワールド」の著者でもある。

残念なことに、近年はALS(筋萎縮性側索硬化症)に似た未知の病を患い、車椅子生活をおくっている。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ