トップページ  >  ニュース一覧  >  アレックス・メゴス、“ハッブル(8c+/5.14c)”、“ノーザンライツ(9a/5.14d)”を再登

アレックス・メゴス、“ハッブル(8c+/5.14c)”、“ノーザンライツ(9a/5.14d)”を再登

2016年6月16日

アレックス・メゴスが、ベン・ムーン初登(1990年)の世界初の8c+、レイブントーのハッブル(5.14c)を第6登した。このたった8mの、さらに核心はわずが4手と言われる特殊なルートは、これまでアダム・オンドラを始め多くのトップクライマーの挑戦を退けてきた。イギリス人以外のクライマーが成功するのは初めてのこと。

メゴスのトライは2014年に10回、そして今回の5回と決して少ないものではない。グレードについては、「非常に特殊なルートなのでまったく分からないが、スタイルが合うクライマーにとってはやさしく感じるかもしれないし、合わなければまったく不可能に感じるだろう」としている。

しかしながら、アクションディレクト(5.14d)を2時間、リアライゼーション(5.15a)を3トライで手中にしたメゴスである。ハッブルのグレードが上がることはあっても、下がることはありえないだろう。

さらにメゴスはキルンシーで、スティーブ・マクルー初登(2000年)のノーザンライツ(5.14d)を2日間計12回のトライで第3登した(第2登は2010年のオンドラ)。

>>グレード比較表

20160613_news_alex
ハッブルの有名な核心の一手 写真=Frank Kretschmann

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ