トップページ  >  ニュース一覧  >  パリ世界選手権2016終了。楢崎智亜がジンクスをやぶる

パリ世界選手権2016終了。楢崎智亜がジンクスをやぶる

2016年9月19日

文=北山 真

20160916_news_senshuken03
 
決勝の楢崎智亜。ムーブの即解力が光った 写真=安井博志

 

「世界選手権で日本人は勝てない」、平山ユージの時代から長期にわたり続いてきたそのジンクスを楢崎智亜がやぶった。男子ボルダリング準決勝では6位というギリギリの成績で通過した楢崎だったが、これで肩の力が抜けたのか、決勝ではアダム・オンドラの猛追をしりぞけ抜群の集中力で見事優勝した。ワールドカップ年間チャンピオンに加え世界選手権優勝と、これ以上はない完璧な成果を上げた楢崎。リード後半戦にも出場する予定があり、この勢いにのり好成績が期待される。

20160916_news_senshuken04
 
WC年間チャンピオン+世界選手権優勝、2つの大きなタイトルを手にした楢崎智亜 写真=安井博志

 

20160916_news_senshuken05
 
女子ボルダリングは野中2位、野口3位 写真=安井博志

 

女子ボルダリングでは予選、準決勝と終始トップをキープしてきた、野口啓代と野中生萌であったが、決勝でスイスチャンピオンのペトラ・クリングラーが3完登4アテンプトという好成績をあげ金メダルをさらった。

男子リードではやはりアダム・オンドラが強く、終始トップを独走、決勝でもただ一人完登を決め優勝した。この最強メンバーでの是永敬一郎の8位は大健闘といえよう。

女子リードは、現在ワールドカップシリーズ独走中のヤーニャ・ガーンブレットが優勝。小林由佳は13位タイであった。

同時開催のパラクライミング世界選手権では、視覚障害B2で会田祥が優勝、これは世界選手権3連覇の快挙である。視覚障害B1ではベテラン小林幸一郎が優勝、こちらは2連覇となった。

20160916_news_senshuken06
 
視覚障害者B1クラス決勝の小林幸一郎 写真=鈴木直也

 

20160916_news_senshuken07
 
世界選手権開会式 写真=鈴木直也

 

男子ボルダリング

1 楢崎智亜
2 アダム・オンドラ(CZE)
3 マニュエル・コルヌ(FRA)
――
6 堀 創
8 高田知尭
12 藤井 快
19 渡部桂太
25 緒方良行

女子ボルダリング

1 ペトラ・クリングラー(SUI)
2 野中生萌
3 野口啓代
――
25 尾上 彩

男子リード

1 アダム・オンドラ(CZE)
2 ヤコブ・シューベルト(AUT)
3 ゴーティエ・シュペール(FRA)
――
8 是永敬一郎
24 樋口純裕
25 島谷尚季
29 楢崎明智

女子リード

1 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO)
2 アナーク・ベルフォーベン(BEL)
3 ミナ・マルコビッチ(SLO)
――
13 小林由佳

パラクライミング世界選手権

視覚障害B1男子
1 小林幸一郎
5 川井雄人

視覚障害B2男子
1 会田 祥

神経障害女子
3 吉田藍香


olympic_news_door1 olympic_comp_door1 olympic_sport_door1-2 olympic_event_door1-2

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ