トップページ  >  ニュース一覧  >  ロニー・カウク、父の代表作”Magic Line 5.14b”を第2登

ロニー・カウク、父の代表作”Magic Line 5.14b”を第2登

2017年1月16日

文=北山 真

“ヨセミテレジェンド”のひとり、ロン・カウクが1996年に初登した”Magic Line 5.14b”を、息子であるロニー・カウクが昨年12月30日に第2登した。”Magic Line”はバーナルフォールの右岩壁に位置するシンクラックで、初登はピンクポイントで登られている。

ロン・カウク(1957~)といえば、”アストロマン””セパレイトリアリティー”、そして世界で最も有名なボルダー課題”Midnight Lightning”の初登者として名高い。

また、いち早くスポートクライミング(フレンチスタイル)を取り入れたアメリカンクライマーの一人でもあり、これが伝統的カリフォルニアスタイルを死守しようとする、かつての朋友ジョン・バーカーとの確執を生むことになった。

ロニー・カウク(1982~)は、クライマーよりもプロのスノーボーダーとして名高いが、2013年にビショップでアレックス・オノルド初登のハイボール、”Too Big To Flail V10″を再登。やはりハイボールで名高い”Ambrosia V11″にも成功している。オーウェンズ・リバー・ゴージでは多くのフリーソロも行なっている。

>>グレード比較表

写真は、一枚目が息子ロニー・カウクで、二枚目が父ロン・カウクが”Magic Line 5.14b”を登っているもの。

⚡️さん(@lonniekauk)が投稿した動画

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ