トップページ  >  ニュース一覧  >  世界ユース選手権2016、中国・広州で開催

世界ユース選手権2016、中国・広州で開催

2016年11月14日

文=北山真 写真=鈴木友希、安井博志

2016114_wyc03
 
リードウォール全景

 

11月7日~13日、中国・広州でクライミング世界ユース選手権が開催された。

年ごとにユース選手のレベルは高くなり、特に女子においては有名選手の目白押し状態。ライフルで5.14cに成功しているアメリカのマーゴ・ヘイズ、世界ランキング1位のスロベニアのヤーニャ・ガーンブレット、ルート(5.15a)、ボルダー(V15)ともに女性最難を達成しているおなじみの白石阿島、父母ともに世界チャンピオンという血統書つきブルック・ラブトゥ(アメリカ)、先日5.14dに成功したイタリアのローラ・ロゴラなど、大人顔負けのスター選手が多数出場している。

2016114_wyc04
 
日本人でただ一人優勝を決めた土肥圭太

 

日本からは女子15名、男子14名の選手が参加。リードで5つ、ボルダーで4つのメダルを獲得した。

ユースA男子ボルダーでは土肥圭太が、9aを登る実力者アメリカのカイ・ライトナーを制し、みごと金メダルに輝いた。前出の白石、ラブトゥ、ロゴラといった実力者がひしめくユースA女子ボルダーでの、伊藤ふたばの逆転2位入賞も印象的だった。金メダル確実と思われていた野中生萌は課題との相性が悪く、まさかの4位となった。

後半は連日大雨となり、男子ボルダーは予選がキャンセルとなり、翌日、全員によるセミファイナルという異例の措置となった。当然完登は少なく、ジュニアにいたっては60選手中ゼロ完登が41名と言う結果となった。

>>リザルトへ


olympic_news_door1 olympic_comp_door1 olympic_sport_door1-2 olympic_event_door1-2

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ