トップページ  >  ニュース一覧  >  今シーズンのパタゴニアで唯一の成果(?)。ベルギーチームがパイネ中央岩塔東壁英国ルートをフリー化(1200m、8a+)

今シーズンのパタゴニアで唯一の成果(?)。ベルギーチームがパイネ中央岩塔東壁英国ルートをフリー化(1200m、8a+)

2017年3月6日

Siebe Vanheeさんの投稿 2017年2月28日

 

資料=desnivel.com  文=羽鎌田学、北山真

その名も”El regalo de Mwono”「山の神ムウォーノの贈り物」。ニコラ・ファブレス、ショーン・ビジャヌエバ、シーベ・ファンヘーエ、最強のベルギー人トリオは、1992年にポール・プリチャード、サイモン・イェーツ、ショーン・スミス、ノエル・クレインらイギリスチームが完成した同ルートのフリー初登を、悪天候に耐えながら19日間を費やし手中にした。

世界最高峰のトラッドクライマー、ニコラ・ファブレスを要に、これまで幾多のビッグウォールで成果を挙げてきたベルギーチーム。今一度、彼らの卓越したクライミングテクニックと、逆境を耐え抜く素晴らしい能力を誇示した。

惨憺たる天候に見舞われた今期のパタゴニア。笑顔で当地を去ることのできたクライマーはほぼなく、ほとんどのクライマーは泣く泣く撤退を余儀なくされた。そんな条件下での”El regalo de Mwono(エル・レガーロ・デ・ムウォーノ)”のフリー初登は、大いに注目に値する。

– 'Regalo de Mwono' –

It was only one month ago when we walked into Torres del Paine National Park with a modest…

Siebe Vanheeさんの投稿 2017年2月23日

 

ルートは、あの有名な “Riders on the Storm”のまさに右側に位置し、ほぼ同時期そのルートの完全フリー化に挑んでいたメイヤン・スミス-ゴバトとブレット・ハリントンは悪天候に涙を呑んで夢の実現を諦めたのであった。そのような悪条件の中、彼らは壁に取付き、遅々としたスピードではあったが、上へ上へと1ピッチごとフリーで登りながら、着実に高度を稼いでいった。荒れ狂う嵐に耐え、残り少ない食料を節約しながら、19日間かけての成功であった。

このラインは、スペイン人パーティーがそれ以前に2度試み未完成であったものを、前述のポール・プリチャード、サイモン・イェーツ、ショーン・スミス、ノエル・クレインの4人が1991年の年末から1992年の初めにかけて仕上げたルートである。当時初登者たちはABO、5.10、A4とグレーディングしたが、そんなルートを今回ベルギー人トリオはフリーで登り切り最難ピッチを8a+とした。

ニコラ・ファブレスとショーン・ビジャヌエバにとってパイネ中央岩塔東壁は特別な対象である。彼らのワールドデビューとも言える遠征が2006年の”Riders on the Storm”の第3登であり、2009年にはカメラマンでもあるベン・ディットを伴い、東壁ルート中でも比較的手頃な”Sudafricana”(1,200m, 7b+)”をフリー初登している。

Siebe Vanheeさんの投稿 2017年2月28日

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ