トップページ  >  ニュース一覧  >  倉上慶大、京都・笠置ボルダーReBirth初登

倉上慶大、京都・笠置ボルダーReBirth初登

2012年11月25日

倉上慶大が、11月25日に京都・笠置ボルダーのプロジェクトを初登した。6m ほどのハイボルダーに走るシンクラックのラインでグレードは四段以上としている。ルート名は ReBirth。

「京都・笠置のボルダリングエリア中流には一際目を引く綺麗な一本のクラックが走ったビッグボルダーがあり、このラインは十年来、笠置のビッグプロジェクトとして言い伝えられてきました。

先日、そのラインを「露出した岩を覆うだけの最小限のマット、スポット無し、グランドアップによる初登」という理想に近いクライミングスタイルで足下にすることが出来ました。 ライン自体はあまりトライされた形跡がなく、ローカルの方たちの話でもプロジェクトであるとのことでしたので初登ではないかと思います。

このラインの名は“ReBirth”。クライミングという文化の発展とクリエイティブな登攀への精神的啓発を込め、こう名付けました。
この岩のてっぺんには過去に打たれた錆びたリングボルトがあり、このラインを登った後、本当ならばこのリングボルトも除去してしまいたい気持ちでしたが、岩場の歴史を刻んだ過去の遺物として遺すことにしました。」

とコメントしている。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ