トップページ  >  ニュース一覧  >  大田理裟、斗賀野の岩場で残心 5.14aを再登

大田理裟、斗賀野の岩場で残心 5.14aを再登

2016年10月31日

写真=小澤信太

image

10月29日、大田理裟が高知・斗賀野の岩場の残心(5.14a)を登った。2日間、5回のトライ。大田にとって2013年の万江川・ダチュラに続き2本目の国内5.14ルートとなる。

なお同行の小澤信太は掃除後1回目のトライでレッドポイントしている。残心は2010年に竹添靖人が初登したルートで、再登者は少ない。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ