トップページ  >  ニュース一覧  >  小川山、ボルダー課題“朱雀門”の岩で火の痕跡

小川山、ボルダー課題“朱雀門”の岩で火の痕跡

2015年12月25日

12月13日に小川山へ行ったクライマーが、ボルダー課題“朱雀門”がある岩で火が起こされた痕跡があったという報告をしている。朱雀門の岩と木の根に焦げた跡が見られる。

意図的な焚き火なのかミスによる失火なのかは不明だが、小川山ではキャンプ場外での火気は、たばこの火も厳禁とされている。ひとつの問題がエリア閉鎖へのきっかけとなることもありますので、くれぐれもご注意を。

20160203_news_ogawayama

※各地の岩場整備事業はJFA(日本フリークライミング協会)が行なっております。岩場を利用する方、ご賛同いただける方はJFA会員へ入会をお願いいたします。詳しくは入会のお願い[JFA公式サイト内]を参照ください

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ