トップページ  >  ニュース一覧  >  東京五輪のスポーツクライミング実施方式、IFSCより発表

東京五輪のスポーツクライミング実施方式、IFSCより発表

2017年3月17日

国際スポーツクライミング連盟(IFSC)の総会がカナダで開かれ、東京五輪のスポーツクライミング実施方法が決定された。

国と地域からの参加は、男女それぞれ2人までとし、総勢20人が予選に参加。予選成績の上位6人で決勝を行ない、金メダルを争う。

また、スコアに関しては「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目を総合で競われる。3種目の順位をスコアとして、自身の成績を掛け合わせ、スコアの数字が少ないほうが上位となる。

今年度、日本代表としてワールドカップに参戦する選手は、満16歳以上の男子12人、女子9人(八王子・東京 2017 開催国特別枠参加選手枠を除く)。それに比較しても代表枠が少ない。今後、日本代表の選考方法にも注目したいところだ。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ