トップページ  >  ニュース一覧  >  東京五輪のスポーツクライミング実施方式、IFSCより発表

東京五輪のスポーツクライミング実施方式、IFSCより発表

2017年3月17日

国際スポーツクライミング連盟(IFSC)の総会がカナダで開かれ、東京五輪のスポーツクライミング実施方法が決定された。

国と地域からの参加は、男女それぞれ2人までとし、総勢20人が予選に参加。予選成績の上位6人で決勝を行ない、金メダルを争う。

また、スコアに関しては「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目を総合で競われる。3種目の順位をスコアとして、自身の成績を掛け合わせ、スコアの数字が少ないほうが上位となる。

今年度、日本代表としてワールドカップに参戦する選手は、満16歳以上の男子12人、女子9人(八王子・東京 2017 開催国特別枠参加選手枠を除く)。それに比較しても代表枠が少ない。今後、日本代表の選考方法にも注目したいところだ。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ