トップページ  >  ニュース一覧  >  第12回ボルダリングジャパンカップ2017。女子はユースの伊藤ふたばが初優勝、男子は藤井快が2連覇

第12回ボルダリングジャパンカップ2017。女子はユースの伊藤ふたばが初優勝、男子は藤井快が2連覇

2017年1月29日

20170129_news_bjc
 
東京・国立代々木第二体育館(写真=セブンエー)

文=北山真 写真=萩原浩司

ボルダリングジャパンカップ2017が1月28日、29日、国立代々木第二体育館で開催された。

    女子予選は森秋彩、小武芽生がそれぞれのグループで1位通過、伊藤ふたばが5位と、初日から世代交代の予兆があったが、野中生萌、加島智子が3位、野口啓代が5位と本命選手たちも上位につけた。

    準決勝では野口がさすがの貫録で全4完登で1位。もう一人の全完登はなんと森で、リーチのハンデをものともしない、この大会中最高といえるパフォーマンスを魅せ、野口とのアテンプト差たったの”1″で2位につけた。

    6名中3名が中学生となった決勝では伊藤が大ブレイク、3連続完登で第4課題をむかえる。野口、野中、森はそれぞれ第3課題目まで2完登。最終課題での逆転にかける。しかし第4課題は今大会最難の課題。全員がボーナスすらとらえることはできず、伊藤がそのまま逃げ切りの優勝となった。

    伊藤、森、そして、もうひとりの中学生、山形の工藤花。2020年のオリンピック出場を予感させる選手たちといえよう。

    20170130_news_bjc04
     
    史上最年少優勝を果たした伊藤ふたば。柔軟性にパワーを兼ね備えた登りで会場を魅了した

    >>男子予選は珍しくやさしめで、A,B両[つづきを読む]


最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ