トップページ  >  ニュース一覧  >  花谷泰広、馬目弘仁、青木達哉が 第21回ピオレドールを受賞

花谷泰広、馬目弘仁、青木達哉が 第21回ピオレドールを受賞

2013年4月6日

  2013年4月6日

  4月4日、フランスのシャモニでピオレドールの審査会が行なわれ、ネパール・ヒマラヤのキャシャール南ピラーを登攀した日本の花谷泰広、馬目弘仁、青木達哉がピオレドール(黄金のピッケル賞)を受賞した。これで日本人のピオレドール受賞者は2008年のカランカ北壁(一村文隆、佐藤裕介、天野和明)、同年のカメット南東壁(平出和也、谷口けい)、2010年のローガン南壁(横山勝丘、岡田康)に続き4回目、計10人が受賞したことになる。

 審査経過については不明だが、今回はノミネートされた6つの隊すべてがピオレドールを受賞するという、前例のない選考結果となった模様だ。受賞した登山隊とメンバーは以下のとおり。

■     キャシャール(6770m)南ピラー初登攀=花谷泰広、馬目弘仁、青木達哉(日本)

■     ムスターグタワー(7284m)北東壁初登攀=ディミトリ・ゴロワチェンコ、アレクサンドル・ランゲ、セルゲイ・ニロフ(ロシア)

■     バインターブラック(a.k.aオーガ、7285m)南壁初登攀=ヘイドゥン・ケネディ、カイル・デンプスター(アメリカ)

■     ナンガ・パルバット(8125m)マゼノリッジ初縦走=サンディ・アラン、リック・アレン(英国)

■     カメット(7756m)南西壁初登攀=セバスチャン・ボアン、ディディエ・ジュルダン、セバスチャン・モアッティ、セバスチャン・ラテル(フランス)

■     シヴァ(6142m)北東ピラー初登攀=ミック・ファウラー、ポール・ラムズデン(英国)

  今年のジュリー(審査委員)は英国のスティーヴン・ヴェナブルズを審査委員長に、スロヴェニアのシルヴォ・カロ、ドイツのゲアリンテ・カルテンブルンナー、そして日本の横山勝丘の4名がつとめた。これまでジュリーにはアルピニスト枠4名にジャーナリスト枠2名が加わり、計6名での審査が通例であったが、今年はアルピニスト4名のみによる選考がなされたことになる。

ちなみにピオレドール生涯功労賞(ワルター・ボナッティ賞)はクルト・ディームベルガーが受賞している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ