トップページ  >  ニュース一覧  >  静岡県西伊豆「海金剛」を登られる方々へ

静岡県西伊豆「海金剛」を登られる方々へ

2015年8月21日

「やくたぁもにゃあ」会員の鴨下賢一さんより、静岡県西伊豆「海金剛」について情報が届きました。内容は下記の通り。

2015年3月22日に、海金剛のスーパーレインのビレイ点の整備を致しました。最終ピッチのみボルトが不足したために、一本のみ設置してありますが、今年度中にもう一本設置する予定にしております。設置したボルトはヒルティ社のM10×90グージョンタイプです。

これまで定期的に同ルートを登り、そのたびに残置シュリンゲなどを大量に回収してきましたが、残置シュリンゲによるルート中の松の立ち枯れがひどいために、今回整備いたしました。特にひどかった所は三ピッチ目と四ピッチ目であり、ビレイや下降のために設置され、残置されていたタイオフによるシュリンゲ類による松枯れです。シュリンゲ類により、締め付けられたために起こっています。松はこのような刺激に弱いようで、それ以外の木々は枯れるようなことはありませんでした。木々が枯れることで、岩が不安定になっていきますし、開拓時から存在していた木々が枯れていくような自然破壊は避けていくべきと考えております。

今後登られる方々は、不要なシュリンゲ類を残置しないように心掛けてください。しかし、今回設置したボルトが恒久的に安全なわけではありませんので、各自の判断で安全に心掛けてください。

また、アプローチに設置されているロープ類も痛みがひどく使えず不要になっておりますので、回収していきたいと思います。アプローチ最後の下降点は、どなたかがボルトの設置をしていただいたようで、現在は安定していますが残置ロープは傷んでおります。残置ロープは極力避けるようにして、少しでも安全に登れる環境を維持できればと思います。アプローチに関しても不要なロープ類の設置はやめて頂きたいと思います。海金剛はアプローチも至近で取りつきやすい岩場ですが、基本はアルパインエリアとして各自自覚をお持ちになり安全に心掛け、今後も継続して登れるエリアとして維持できればと思います。

ぜひ、素晴らしいロケーションの中、安全に配慮しながら登っていただけたらと思います。今回の整備に協力していただいた、立川健二郎さん、鈴木健太さんに感謝いたします。

20150819_news_umi夕日に染まる海金剛

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ