トップページ  >  ニュース一覧  >  フランスチーム、ネパール・ヒマラヤのヌプツェ南壁に新ルート

フランスチーム、ネパール・ヒマラヤのヌプツェ南壁に新ルート

2017年11月3日

フランスのエリアス・ミレイユ、フレデリック・デグレ、ニソワ・ベンジャミンの3人チームが、ネパール・ヒマラヤのヌプツェ北西峰(7742m) に突き上げる南壁に、アルパインスタイルで新ルートを開拓した。エリアスは3回目のトライ。

10月頭にチョラツェ(6440m) で高所順応をした彼らは、ヌプツェ南壁のベースに荷物をデポし、10月13日から登攀をスタート。5950m にC1、6581mにC2、6800mにC3、7013mにC4、7443mの頂稜にC5を設営し、そのまま登頂している。下降には2日をかけ同ルートを下降した。彼らは天候も雪の状態にも恵まれ、すんなりと登頂している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ